離婚は可能?ギャンブル好き配偶者が原因で借金地獄

結婚して妻や夫がギャンブルにハマってしまって借金まみれになってしまいました。

それを理由にして離婚できるのでしょうか?

今現在、調査結果によると、日本にはギャンブル依存症の予備軍が536万人といるそうです。

ご存知の通り、カジノ法案が国会で通過して国内でカジノを実施する動向になっていて、ギャンブル問題が話題になっています。

ギャンブル依存は、当事者だけの問題に限らず、配偶者や家族を貧乏への落とし穴にハマる危険もあります。

そこで、結婚相手がギャンブルに熱中している場合、速やかに離婚が認められるのかどうか解説します。

 

■結婚後のギャンブル依存で離婚可能

結婚後にギャンブルにはまるとき、裁判で離婚できる可能性があります。

結婚する前には麻雀やパチンコも競馬もやらなかった旦那さんが、結婚後にギャンブルに夢中になってしまって、多額の借金を作ってしまったときには、奥さんは離婚することができるでしょうか?

妻が離婚したくて夫が協議離婚に応じてくれるならば、離婚調停で離婚できます。

しかし、協議離婚に応じなくて、離婚調停も成り立たない場合、妻は裁判を起こして離婚できるのかが問題になります。

借金額やギャンブルの依存期間にもよりますが、この場合は離婚判決が下される可能性が高いです。

「婚姻を継続しがたい重大な事由」という裁判離婚原因があると判断されるからです。

借金の金額が1000万円など、お給料などの収入のほとんどが借金返済に充てられていて、勝手に家族の貯金を借金返済に使ってしまう場合が考えられます。

 

■結婚前のギャンブル依存で離婚

結婚前のギャンブルの借金が発覚した場合でも裁判離婚できる可能性もあります。

結婚前にギャンブルで借金をしていた事実を隠して結婚した場合、借金額によっては裁判で離婚原因になります。

多額の借金があると、夫婦生活に悪影響となるのが明白です。

住宅ローンや教育ローンを組めない危険性もあり、人生設計が狂う大きな問題です。

しかし、生活が滞るほどでない程の借金を秘匿していた限りであれば、スグに離婚原因になりにくいでしょう。

 

■ギャンブル好きとの結婚はダメ

貧乏人程、勝ち目の無い、負い目の博打に手を染めるでしょう。

ギャンブルなんて九分九厘は儲からないです。

お金持ちは資金があるので、リスクのある貧乏人の博打には手を出さないです。

だから、ギャンブラーと結婚するのはオススメできません。

人生もギャンブルしかねないから本当に危ないです。

結婚もひとつのギャンブルかもしれませんね…。

夫の稼ぎを毎日パチンコやスロットで無駄に浪費して借金背負った女も離婚されて当然でしょう。

そもそもパチンコ屋なんて胴元が勝つように出来てるものに、大事な労力と時間を費やしてもったいないです。

稼いだお金をつぎ込むなんて無駄なことはしてほしくないです。

それこそ、時間と労力の無駄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です