腸活に効くドリンク3種類!温活と便秘解消など

朝食は美味しく毎日食べていますか?

朝ご飯は一日のスタートの原動力です。

朝食をきちんと摂ることで、睡眠中にエネルギー消費しているので栄養補給できる食生活になります。

朝食を抜くと慢性便秘になりやすく、潤い美肌になれない原因です。

まさに肥満や肌荒れなりやすいので、朝ごはんを食べない生活習慣の方は厳重注意してほしいです。

しかし、夜更かしや仕事などの理由で朝食抜いて昼ごはんと一緒になる方も多いです。

多忙であっても、朝のドリンクなら短時間でお手軽に栄養補給できるのでおススメします。

そこで、朝食にピッタリな温活ドリンクを解説します。

 

【1】モリンガ豆乳

「モリンガ」あまり知られていませんが、紀元前からから病気を治療するための治療薬として利用されていた植物です。

モリンガによって殺菌効果や炎症を抑える効果が期待されています。

モリンガは食べ物やサプリメント等からも摂取することができます。

腸内環境を整えて便秘解消してくれて、免疫力を高めてくれます。

気温が低い寒い日は、豆乳を温めてモリンガパウダーとハチミツを混ぜるドリンクがイチオシです。

花粉症対策のために慢性便秘の方のとって快適なお通じにも素晴らしい影響を得られるでしょう。

 

【2】生姜ビネガー

お家で作れる「生姜ビネガー」もおススメします。

生姜はそのまま食べてもいいし、ドリンクとしても保温効果を楽しめます。

手作りですから早めに飲み干すほうが良いでしょう。

お酢と生姜の相乗効果によって、血流促進してくれて体温を高めてくれます。

極寒の冬に最適で低体温や冷え対策になる特製ドリンクです。

また、生姜ビネガーには代謝アップや脂肪燃焼もあり、ダイエットや体質改善にもつながります。

材料は以下です。

・生姜
・黒酢、米酢、リンゴ酢など好みのお酢
・瓶(小瓶や大瓶)

作り方はとても簡単です。

1.生姜は水洗いをして水気を切ってふきとります。
2.皮ごと1ミリ幅程度に薄くスライスして、瓶に詰める。
3.生姜がひたひたになるまで酢を入れて、蓋をする。
4.冷蔵庫で一晩寝かせれば完成します。

 

【3】マカ甘酒

栄養豊富な甘酒は飲む点滴とも呼ばれていて、砂糖不使用の天然甘酒がおすすめです。

食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれているので、腸内環境を整え善玉菌を増やしてくれます。

一方で「マカ」は肌を強くして健康に保つ栄養素が豊富です。

例えば、紫外線によるメラニン産生を抑制して、新陳代謝を促し肌に弾力をもたらします。

血行促進や老化予防の作用のあるビタミンEや、成長ホルモン分泌を促す亜鉛など、美肌効果が高い栄養素を含んでいます。

マカ甘酒の作り方は簡単です。

温めた甘酒にマカパウダーを入れて混ぜるだけです。

寒い冬はホットで、夏なら冷蔵すれば美味しくいただけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です