養育費の減額変更できる?元妻が経済力ある男性と再婚後に!

離婚交渉のときに揉め事の原因のひとつに「養育費」があります。

養育費を払う、払わない、いくら払うのか、いつまで払うのかなどはもちろん、離婚後にそれぞれの生活環境が変わってしまった時など、離婚時だけでなく、離婚後も揉めるケースがあります。

そこで、元妻への養育費の支払い額が決まって離婚したのに、その後、元妻が経済力ある男性と再婚するときは事業が変わってきます。

この場合、養育費の金額を減額したり、養育費の支払いを終了できるのかに関して解説します。

 

■減額するには協議が必須

養育費が決定したのに減額したい場合、最初にやるべき事は元妻との間で協議しなければなりません。

協議できない場合、家庭裁判所に養育費減額の調停・審判を申し立てる必要があります。

協議が整わないからといって、家庭裁判所の調停や審判を経ずに、一方的に養育費の金額を減額したり、支払いをストップすることはできません。

養育費は、あくまでも元奥さんに対してではなく子供に対してのものです。

離婚後の元妻側の経済状況が良くなったとしても、それは別の話です。

元妻側が不要か減額を申し出たときだけの話であって、元夫から言い出すような事ではないです。

子供が実は実子ではなく、再婚相手の子供であるとか特殊な事情があれば別の問題となりそうです。

 

■養育費の減額って…

一度決められた養育費の金額を減額したい場合、元配偶者との間で協議し、協議が整わない場合には、必ず、家庭裁判所に対して、調停・審判を申し立てる必要があります。

元妻が金持ちの男性と再婚したからといって一方的に養育費を減額することはできません。

子供を作った時点で離婚しようがしまいが、大人になるまで養育する義務があるはずです。

再婚相手が金持ちだろうが関係ないです。きちんと責任取ってほしいです。

そもそも、養育費を払いたくないだんて大人の事情を認められないです。

養育費を値切るなんて意味不明ですし、子供のための養育費のはずです。

子供が知ったら確実に傷つくでしょう。

また、元妻がもし収入の少ない人と再婚したら、元夫は養育費あげてくれるのでしょうか?

絶対しないはずです。

どうして高収入の人と再婚したからって減額!っという発想になるのでしょうか?

その元奥さんは父親としての自覚もない男性と別れて正解だったと思います。

一生自分の子供という認識が薄くて養育費の支払いが嫌なら、最初から子供を作るべきではなかったはずです。
養育費って、子供のために渡すものです。

元妻が金持ちと再婚したからといって減額というのはおかしいです!

自分の子供なのに…。

私の女友達の旦那の元奥さんが再婚して「養育費はもういらない」とって言われたけど、友達の旦那さんは積み立てしていて、子供が大きくなった時に渡せるように準備しています。

そういうものでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です