顔のコリが老け顔の原因!老ける顔のコリほぐす方法

老け顔を予防改善するために、日々のスキンケアは大切です。

お肌のたるみ、しわやしみのケアを一生懸命に実践する女性が多いのは当然でしょう。

細かい部分をケアしても、顔全体の老け感や印象までチェンジするのは難しいと感じることはありませんか?

老け印象を与える老け顔の原因と対策について、顔筋について解説します。

 

■老け顔の特徴

老けて見える顔には、段差・影・凹凸があります。

三十路になって「老け顔」の原因と対策を考慮しないでスキンケアしないのは危険です。

老けて見える顔として、ほうれい線やたるみの原因は『顔のコリ』です。

顔には無数のコリがありそのコリを放置していると、顔に段差や影・凹凸ができてしまい、老けて見えてしまうのです。

老け顔の原因としてしわシミたるみなど目に見えるもののほかに、顔のコリをほぐさなければ、印象を変えるのは難しいでしょう。

顔のコリによって顔に段差や影・凹凸が生じやすくなります。

老け見えのポイントとして、目の下のゴルゴライン、口の下に出来るマリオネットライン、さらに頬骨の下にできるしわができてしまうかもしれません。

日常的にイライラして不機嫌そうな顔に見えて、不幸を招く印象を与えてしまって損です。

『顔のコリ』は、表情グセや日常生活における偏った顔の筋肉の動かし方によって生じます。

表情筋は無意識に使うので、短時間で矯正するのは困難ですけど、顔のコリはほぐしてなおすことができます。

最初は、顔のコリを見つけ、毎日のケアでほぐすのが大切です。

若々しく見える顔とは、顔に段差や影・凹凸が無くて、頬の高い位置に丸くふっくらとした肉が集まる弾力がある顔です。

さらに、柔らかくて微笑みをたたえていると幸せそうな顔だと思います。

すっきりとしたやわらかい顔になるためにも、顔のコリをミリ単位でほぐしましょう!」

 

■顔のコリになる生活習慣

【1】目を酷使

パソコンやスマホの長時間使用によって目の酷使すると、目にコリが溜まって血行が悪くなります。

目元のコリと血行不良によって、濃いくまや目袋ができやすくなって老け顔のイメージを強調してしまうので注意して下さい。

目のコリが当たり前に生活なら、疲れを蓄積しないように、目元ケアが重要です。

 

【2】営業スマイル、アヒル口

営業スマイルが大切な人は、口角を意識して持ち上げているとほうれい線の周辺にコリやすいです。

そのため定期的にコリほぐしが重要です。

アヒル口が癖になっている人も、口周り無駄な力が入って固くなりやすくて、ほうれい線が深くなりやすいのでやめておくほうが良いです。

 

【3】噛み癖

食べ物を嚙むときに、例えば右側だけ使っていると、使っている右側は筋肉が発達してしまいます。

一方、逆の左側は退化してたるみが目立つと、右と左の筋肉量の誤差が生じてしまってバランス悪くなります。

噛み癖を意識的に矯正すると同時に、フェイスラインの“ミリ単位コリほぐし”を生活習慣にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です