花粉症による肌荒れ改善方法と予防方法

今年も花粉症の症状が出てきました。鼻づまりが苦しい人が多いです。

花粉は口呼吸や鼻呼吸で吸引するほかにも、肌に付着すると体内に侵入してしまいます。

花粉の侵入経路によってアレルギー反応を引き起こす症状に違いがあります。

たとえば、鼻や口から吸い込むと、くしゃみや鼻水、鼻づまり、喉の痛みなどが起こります。

花粉に接触した場所によっては目のかゆみや充血、目やに、肌荒れや肌の痒みや炎症、乾燥肌などになりそうです。

年間で花粉が舞い上がる時期にだけ、目のかゆみ、鼻水などの花粉症の症状、春先の肌荒れや、化粧ノリが悪い原因は肌の花粉症が原因かもしれません。

 

■花粉に強い素肌のコツ

【春のストレス】

春は身体の内外からも肌に負担をかける条件が揃いやすい時期と言えます。

肌にストレスが重荷になっているのを理解しましょう。

春になると寒い温かい刺激で自律神経やターンオーバーや血流に様々な悪い影響になりますいです。

また、紫外線が強くなるし、花粉のアレルギー症状も強まって肌ストレスが強くなりやすいです。

しっかり睡眠を確保して、栄養バランスの良い食生活、花粉にやられない肌質にしましょう。

 

【メイクは必要最低限がベスト】

肌への負担ができるだけ少ないルースパウダーか、パウダーファンデーションに変更しましょう。

保湿効果を望めるリキッドファンデーションやクリームファンデーションは、界面活性剤や防腐剤などの悪い添加物が含まれています。

肌炎症が強まってしまって不適合です。

 

【化粧品の使い過ぎ厳禁】

肌荒れになっている場合、肌質改善を願って化粧品をいろいろ使ってみたいと思うかもしれませんが良くないです。

肌細胞が傷んでいる場合、お肌に強い刺激のコスメは避けて、肌触りの穏やかな白色ワセリンを薄く塗るだけ効き目があります。

また、ニキビや吹き出物や黒ずみなどが目立っていると、きちんと洗顔して雑菌や汚れを除去しましょう。

朝の洗顔代わりにウェットティッシュや洗顔シートを活用するのは健康な肌の場合は効果的です。

防カビ剤などの悪い薬品が含まれているので肌荒れには最悪です。

低刺激のクレンジングフォームを使ったり、洗顔してからビタミンC誘導体の入ったスキンローションを上手に使いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です