電子タバコは禁煙方法として安心安全?

研究機関の発表によると、電子タバコのみで禁煙した人は、体内の発がん物質のレベルが著しく低いそうです。

電子タバコは安全で有効な禁煙方法という一部で言われていますが、本当でしょうか?

電子タバコが世界中で販売されるようになってから、医療学会などで賛否両論の意見が交差していました。

電子タバコは、風味あるニコチンの液体カクテルを蒸気にして吸引するものなので、有害物質を発生させることなくニコチンを吸うことができます。

従来のタバコを吸うと有害な発がん性化合物が発生するので、その代替品として電子タバコは良いかもしれません。

しかし、誰でも電子タバコなら許容範囲内だと言えません。

電子タバコは子供が普通のタバコを喫煙する前段階になりやすいですし、電子タバコのニコチンのレベルは若年層には必ずしも安全とは断定できないです。

電子タバコは禁煙するための安全で有効な手段になりやすいですけど、それは従来のタバコを完全に断つ場合に限るということです。

電子タバコに切り替えることで禁煙に成功しても、今度は電子タバコの依存症になるかもしれません。

電子タバコの方がヘルシーだとしていますが、まだ電子タバコの安全性を決定づけることはできません。

そのため、普通のタバコを吸っている人が完全に禁煙できるようになるまでのつなぎで電子タバコを使う場合は、あまり良いとは言えません。

未成年者が電子タバコを使うと従来品のタバコを吸う予備軍になりやすいこと、禁煙実践中の人であっても同じニコチンを吸っているので電子タバコを止めれなくなる可能性があること。

これらを総合判断すると、電子タバコを敬遠したくなるかもしれません。

今は喫煙者は肩身の狭い時代です。

愛煙家たちはそう自覚して、必ず灰皿を確認した上で隅っこで吸っています。

吸わない人に迷惑をかけてはいけないですから、マナー違反する喫煙者にはなんとかしてほしいです。

タバコに限らず、どんなことでも人に迷惑をかけるのはNGです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です