起床後に口臭い原因の食品と寝起きの口臭対策

寝る前に歯磨きをしても、朝になると口臭が残っていることがあります。

ハミガキをしても夜に寝ている間は唾液の分泌量が減少してしまいます。

その結果、唾液が口内の雑菌を洗い流してくれないので口臭がヒドくなりやすいからです。

口の中が乾燥するほど、睡眠中には8時間で菌は限界まで数を増やします。

どんなに一生懸命に歯磨きをしても、目に見えない食べかすや歯の間の汚れが、歯垢になったり雑菌を繁殖します。

そこで、寝起きの口臭原因になるのは、食生活が最も影響を与えます。

夕飯や就寝前に召し上がった食品の中でも食べたものでも翌朝の口臭は変わってきます。

コーヒーやエナジードリンクや紅茶に関して、アルギニンという酸性の臭いを放つ成分が含まれています。

キャベツ、小松菜、ブロッコリーならば、悪臭物質(インドール)を生成しやすくなります。

アスパラガスですと、メルカプタンが体内の酵素によって分解されて体臭や口臭になりやすいです。

ニンニク、ネギ、ニラなど臭いの強い野菜やカレーなど香辛料が多く入っている料理も口臭の原因になります。

そこで、寝起きの口臭対策を解説します。

 

■寝起きの口臭対策

歯周病をわずらっている人は、ハミガキケアだけでは改善できないので早急に歯科医院で治療しましょう。

第一に、口臭対策をする前に以下を確認して下さい。

歯ブラシを使いすぎて毛先が曲がったり傷んでいる人は気をつけましょう。

歯間ブラシやデンタルフロスを使っていない方は要注意です。

歯の隙間の汚れ落ちができなくて口臭になります。

第二に、寝起きの口臭対策を以下に列挙します。

歯ブラシするとき舌も忘れないで少なくとも8分以上は磨いてほしいです。

上手に磨く自信がないなら、電動ブラシを活用するのもオススメします。

また、歯間ブラシやデンタルフロスなどで歯の隙間をキレイにするのも忘れないでください。

寝る前の食事は控えて、寝る前に水分補給しましょう。

そして、マウスウォッシュを活用してほしいです。

口内全体の虫歯菌も口臭原因もすべて除去してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です