空き巣が窃盗するマンションの特徴と防犯対策

空き巣による窃盗被害件数は上昇傾向だそうです。

万全なセキュリティー対策を実践している高級マンションでも盗まれているのが現状です。

一方で、玄関の鍵1つだけでで戸締りを済ませてしまうマンションならば、いとも簡単にターゲットにされます。

また、マンションであれば一戸建てに比べて空き巣に狙われにくいと勘違いしている人が多いのも問題です。

たとえオートロック付きの住居が増加傾向であっても、空き巣に狙われにくいという考えは油断しています。

そんな心の隙を空き巣は見逃さないのでした。

 

■「高層階=金持ち」

防犯対策を売りにしているアパートやマンションに住んでいても空き巣は狙っています。

オートロックが付いていても簡単に侵入できるそうです。

ピッキングのテクニックや道具類が進化発展しているようです。

オートロック解除する技術が闇取り引きで販売されているという噂があるそうです。

闇サイトで空き巣グッズが取引されているとは驚きます。

また、侵入できなかったとしても隣の住宅や電信柱、雨樋を利用してベランダに侵入する盗人もいます。

昔ながらの空き巣犯ですけど、防犯カメラが品質向上している昨今では、身軽な窃盗犯が活躍できる範囲が狭くなっています。

高性能の防犯カメラは必須でして、熱センサーなどを搭載するほうが安全です。

さらに、高層階に住んでいる人も注意しましょう。

上階に在住しているほど防犯意識が弱くなりがちです。

そして「高層階であるほど金持ち層がいる」という空き巣たちが狙うため、ターゲットにされやすくなってしまいます。

単身者や女性専用の集合住宅も狙われやすいです。

留守になりがちで、女子専用の住まいだから安心という思い込むのは間違っています。

思い込みは危険でして防犯への意識が低下すると原因を誘発する結果になりやすいです。

 

■空き巣が狙うポイント

空き巣がマンションに侵入するか諦めるかを選別する際にポイントは4つあります。

【1】「オートロック付きマンション」

【2】「2階または最上階」

【3】「窓がクレセント錠+普通のガラス」

【4】「夜でも洗濯物が干しっぱなし」

上記は、空き巣が犯行を働きやすい理由になるそうです。

防犯対策している集合住宅に住んでいても、一軒家と同様に「自分の部屋は自分で守る」という考えが必要です。

大人としての危機管理能力が不足している人は、マンション管理組合に任せていることで安心してはいけません。

適切な防犯対策が必要になります。

マンションの設備に頼っているだけでは不十分だと認識ほしいです。

二重のカギ、窓ガラスに防犯フィルムを貼る、侵入すると音声ブザーが鳴る等、防犯グッズを設置するようにしたほうが安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です