トマトジュースの健康美容効果!リコピン、ケルセリン等を摂取方法

美容や健康に良いとされるトマトジュースの栄養成分が気になります。

トマトの栄養素の中でも「リコピン」が最も評判高いです。

トマトのツヤツヤで美しい赤い色はリコピンの効果です。

リコピンはβカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用を期待できることで評価されています。

血液や肌細胞の酸化を予防や改善できるので、過度な疲労やストレス、睡眠不足や暴飲暴食などが原因で肌荒れやくすみに悩む人にはおすすめの美容成分です。

また、リコピンには成長ホルモンの働きを活性化します。

つまり、脂肪燃焼の効果を助長してくれる作用を望めます。

体脂肪を落としたい人やスリム体型になりたい人にとってダイエット成功する飲み物としてトマトジュースを積極的に飲んでほしいです。

さらに、リコピンには、「LDLコレステロール」の酸化を予防できる働きもあるそうです。

連日の飲み会やパーティーでの飲食、外食が多い方にとっては、お手軽に栄養補給しやすいジュースの一つとして大いに活用できそうです。

そして、トマトジュースにはリコピンの他に、血管を強くする「ケルセチン」、腸内の整腸作用を促してくれる「水溶性食物繊維」、体内の余分な水分や塩分を排出してくれる「カリウム」なども含まれていて

トマトジュースを毎日飲むことで、健康と美容の促進に有用な飲み物です。

 

■取り過ぎご注意

トマトジュースを飲む時の注意点と摂取量の目安をしっかり理解しましょう。

トマトジュースを1日5本以上を飲み続ける食生活を自慢していたSNSへの登校を拝見したことがあります。

トマトジュースを大量に摂取しても大丈夫なのでしょうか?

当然なのですが、いくら体に良ても飲み過ぎは止めておきましょう。

トマトを食べるよりはお手軽に摂取できるのが魅力ですけど、トマトジュースの1日の摂取量の目安として200ml(コップ1杯)程度が理想です。

「カリウム」や「リコピン」を過剰摂取してしまうと、腹痛や下痢などに悩む可能性が高くなります。

トマトジュースが悪いのではなくて、飲み方が間違っているだけです。

毎日、トマトジュースを愛飲するなら個人の適量を守りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です