ミカンで10歳若返る!柑橘類で食べると健康美容効果UPする部分

■みかんで美容効果UP

みかんを食べる時、捨てずに食べて欲しい部分があります。

みかんの皮、みかんを包むように貼り付いている白い筋を捨てないでほしいです。

柑橘類の大半にある白い筋、これには“アルベド”という正式名称があるのをご存知でしょうか。

このアルベドという白筋をキレイに剥いてしまうという人も多いです。

しかし、これには素晴らしい美容効果と健康効果を期待できます。

アルベドには、ビタミンP(へスぺリジン)の効果が評判高いです。

まず、毛細血管を強くしてくれます。

美肌、アンチエイジング効果を期待できるので、つるつるプルプルお肌やしわ取り効果を実感できるかもしれません。

第二に、コレステロールの数値を改善してくれます。

血液に詰まっていても平常値に戻しれくれるなら、捨てないで食べないのはもったいなです。

第三は、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和します。

体質改善して健康体になるためには積極的に食べてみるほうが良いでしょう。

第四として、壊れやすいビタミンCの吸収を促してくれます。

ビタミンCを効率よく摂取できるので、果肉だけではなくてアルベドを同時に召し上がるほうがおすすめです。

紫外線対策としてシミ・シワ予防のために捨てないほうが良いです。

主に、アルべドに含まれるへスぺリジンというビタミンPが美容・健康効果を促進します。

みかんを食べるときにアルべドの白い筋も一緒に食べるような食習慣を意識しましょう。

さらにみかんの美容効果を取り入れるには、ミカンの皮も食べてほしいです。

果実に付着しているアルビドを食べるのも効果的ですが、摂取量をさらに増やしたいという人は丸ごと食べるのが最も効き目が増します。

そこでおすすめなのが「マーマレード」です。

ミカンに限らずオレンジで作ったマーマレードでも構いません。

かんきつ類の加工品であれば、丸ごと全ての栄養素を消化吸収できます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です