自宅で美味しいコーヒー飲む秘訣

美味しいコーヒーを飲ませてくれる喫茶店やコーヒースタンドが増えて、プレミアコーヒーを飲める機会が多くなりました。

胃腸にやさしく穏やかなコーヒーも増えてのみやすくなっています。

苦味を抑えて風味豊かな種類も出回っています。

モーニングブレンドは飲みやすいです。

会社員の朝は忙しいからおすすめですし、猿田彦珈琲さんの恵比寿ブレンドも良いです。

そこで朝食などのコーヒー初心者でもわかりやすいコーヒーの選択方法ついて解説します。

また、おうちでも飲める美味しいコーヒーの選び方も紹介します。

 

◆自宅で美味しいコーヒーを飲むポイント

【1】焙煎後のベストなタイミングの豆を買う

焙煎した後の最高なタイミングの豆を購入してください。

そもそもベストな時期にコーヒー豆を買えるのでしょうか?

実はこれが意外に難しいです。

市販されているコーヒー豆は当然なのですが、

チェーン系のコーヒーショップも海外で焙煎された豆を輸入販売しているからです。

焙煎したてのコーヒー豆が最高です。

正確には焙煎してから3日~2週間程おいたものが最も評判高いです。

コーヒー豆は焙煎した後に時間が経過するごとに、酸化が進行してしまいます。

ちょうど、ナッツみたいな感じですね。

カシューナッツ等の豆類はローストしてから時間がたてばたつほど酸化がすすんでしまいます。

コーヒー豆も農作物ですので、焙煎してから時間がたてばたつほど、酸味が強まって苦みも際立ちやすいです。

 

【2】豆は飲む直前に挽く

それに粉で売ってるのも、最近では美味しいのありますが、飲む直前にコーヒー豆を挽くのをおススメします。

これもですね、店などで既に挽いてある商品を購入して淹れるよりも、飲む直前に挽いて淹れるほうが圧倒的に味わいも後味もすべてが良くなります。

味が全然違ってきてしまいます。

豆を挽いてから時間が経過するほど、香りも風味も飛び去ってしまって味もおちてしまいます。

自宅にミルがない場合、飲みきれる単位でコーヒー豆を購入して専門店で挽いてもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です