資格貧乏ご注意!30代アラサーが稼げる自己投資の秘訣

30歳アラサーを過ぎると、経済力の余裕ができてきて、転職やキャリアアップのために「資格取得を目指そう」という人は多いです。

しかし、実際にはかなりのお金と時間を費やしたにもかかわらず収入アップにつながらないケースも少なくありません。

本当に稼げる可能性が高い、資格を取得するほど価値がある自己投資は何でしょうか?

 

■資格取得したら稼げるの?

30歳前後って、スキルアップのために資格やセミナーに通いたくなる世代だと言われています。

そのような女性は増加傾向です。

ところが、資格を取ったからといって必ずしも収入アップに直結するとは限りません。

資格取得するために大金と時間を投資してセミナーや講座に通ったとしても、実際に稼げるのは月1万円以下という話をよく聞きます。

本当に稼げる資格が何なのか、その本質を理解していないのは問題です。

資格さえ取得すればお金儲けできるとは限りません。

資格よりも稼げる能力を身につけるほうが100倍重要です。

稼げる資格だと言われていたものを取ったら素晴らしい未来が待っている!と思い込むのは危険すぎます。

リスティング広告などで「副業で100万円稼いだ!」などの内容をご覧になったら「自分も稼げるかも」と夢見ないようにご注意してください。

実際に稼げる人もいるとしても、100人に1人もいないかもしれません。

せっかく稼いだお金を使って勉強するのなら、まず目標設定してください。

何のためにその資格を取るのか、資格活かして収入が見込めるのか、必ず明確にしましょう。

 

■「稼げてる人」に質問するべき!

資格を取って収入を増やそうと考えているなら、資格を生かして収入を得ている人、3人以上に直接会いに行ってお話を聞くように心がけましょう。

英検やTOEIC高得点を取得しても英語のスペシャリストではありません。

宅建やファイナンシャルプランナーの資格を獲得しても、スグに高収入を得るわけではありません。

知識を深めても、他に資格を持っている人はたくさんいます。

資格取得はゴールではなくてスタートラインにたっただけです。

自分で仕事を取ってくる営業力とテクニックがなければ、収入には結びつかないです。

プレゼンテーション能力やコネがあれば、就職しなくても独立の開業の道も拓けてきます。

仕事として収入に結びつけられる資格であれば、独立することも可能です。

結婚して子どもができたり、親の介護が必要になったりと、働き方が変わっても、その時々の生活に合わせて時間や仕事の量を自分で調整しやすいです。

会社員で一時的に仕事を辞めても復職しやすいですよね。そういう意味でも、スキルとして生かせる資格は必要に応じて取っておいた方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です