膳で便秘原因と便秘解消に効く食品を解説

皆さんの中に便秘で悩んでいる人はいないだろうか。

便秘になると食物繊維の多い食材を取り入れた食事をしようと思うでしょう。

そこで、便秘の解消に役立ちそうな食べ物、そもそもどんな体質の人が便秘になりやすいのか、等に関して料理研究家と中医薬膳の専門家に解説してもらいます。

 

■薬膳から考える便秘原因

薬膳では、漢方と同じ手法で食材を選択します。

便秘は漢方では病気と認定されていて、最初に体質診断したあとに薬膳を調合します。

漢方式薬膳の考えから便秘になりやすい体質と、便秘解消の方法を説明します。

漢方式薬膳では便秘の対策も、その人の体質別に行います。

自分の体質をチェックし、自分に合う便秘対策食品を見つけていきたいと思います。

まず、漢方の一般的な便秘は5つです。

(1)熱秘(ねっぴ)(2)気虚秘(ききょひ)(3)気秘(きひ)(4)血虚秘(けきょひ)(5)冷秘(れいひ)があります。

中国の伝統医学、中医学では3000年前から使われている漢方式薬膳の体質分類です。

 

■どの便秘タイプ?

では、具体的に自分がどの便秘タイプなのか?

そこで、5つの便秘タイプを解説するので、自分のタイプを確認してください。

【1】冷秘:腰やお腹が冷たい、冷え性。生野菜サラダやスムージーの食習慣。

【2】熱秘:便がコロコロ。トイレを我慢する。冷たい飲み物ばかり。

【3】気秘:ストレスたまってイライラしやすい。生理前がつらくドカ食い。

【4】気虚秘:よく風邪を引く。花粉症で疲労がたまりやすい。

【5】血虚秘:肌や髪がパサパサして乾燥。生理前後に便秘。爪が割れやすい。

 

■便秘解消に役立つ食べ物

自分が当てはまる便秘の傾向が分かったら、便秘解消できる食べ物を解説します。

熊谷さんから、簡単に食べられるオススメの3品を教えてもらった。

【1】冷秘は、内臓の冷えが原因で、便秘になっている可能性が高いです。

生サラダや冷奴の豆腐、スムージーやヨーグルトなどを食べている人は冷え性が進行するので控えてほしいです。

アーモンド、クルミ、甘酒などを摂って温まる食品がオススメです。

 

【2】熱秘は体内に熱がたまって、便がカチコチに乾いて便秘になりやすいです。

熱を除去して、潤うと言われているバナナ、大根、ヨーグルトがオススメです。

 

【3】気秘は心身ともに緊張状態やストレスの影響によって、腸全体のぜん動運動が鈍い状態です。

旅行中や出張中などの便秘もこれに該当しているようです。

きのこ類、大根おろし、そば粉などが最適です。

 

【4】気虚秘は、肛門の筋肉が弱い、腸内筋肉が弱いです。

椎茸、はちみつ、りんごやきな粉がおすすめです。

体力や免疫力をアップして底上げします。

体調悪くて寝込んでいるとき、幼児や高齢者にもおすすめです。

 

【5】血虚秘は、腸に潤いが足りずに起こりやすいと考えられています。

産後便秘や生理前後に便秘になるのもこのタイプと思われます。血(ケツ)を補給するもので、黒キクラゲ、黒すりごま、ドライプラムがオススメですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です