旅行温泉地のシャンプーでダメージヘア改善できる必需品4つ暴露

自宅以外でお風呂に入る旅行や温泉に行ったとき「髪の毛がバサバサになっちゃう!」と嘆く方は多いようです。

シャンプーやトリートメントが変わるだけで、いつもと違う髪質になってしまうこともあります。

そんなときは、旅行のときなど自宅以外で髪を洗うとき、バッグに入れて持参していてほしいヘアアイテムを紹介します。

旅行や温泉で髪を洗った後に、いつもと違う質感だとちょっとテンション下がります。

そんなシーンに備えて、外出前にポーチにアイテムを忍ばせておくと安心なので、参考になる内容をお届けします。

 

【1】ワックス

温泉に入った後など、「髪がうまくまとまらない!」などのヘアスタイルを整えられないときを考慮して、まとめ髪用ワックスを持参しておくと良いでしょう。

後ろ髪や前髪のセットが思い通りにいかないとき、このワックスあれば簡単にまとめてアレンジできてオシャレになります。

邪魔ならない程度の小さい「まとめ髪用ワックス」を持ち歩くならば、ヘアセットに役立つメリットのほうが大きいです。

 

【2】ヘアオイル

自宅以外で使用するシャンプーが、普段使っているものよりも潤いを感じない場合に備えてヘアオイルをポーチに入れています。

ヘアオイルを持ち歩くと重くなるので、小瓶に移し替えてポーチに入れておくと携帯に便利です。

髪を洗って乾かしたら、ガサガサの手触りというときでも、オイルがあるだけで潤いを取り戻せます。

髪は見た目の質感も重要です。

そこでオイルを加えるだけで、不適合のシャンプーを使っても髪にツヤ感を与えてくれます。

 

【3】飾り付きのヘアゴム

飾り付きのヘアゴムを使わないのはもったないです。

オイルを塗っても髪を留めても、質感が足りないときは潔くまとめるほうが良いです。

乾燥した髪質であっても、まとめ髪にしてワックスで整えるだけで目立ちにくくなります。

自宅ならヘアケアできるけど、外出先ならばヘアゴムがあると非常に便利です。

飾り付きのヘアゴムを使ってまとめるだけで、急なデートや女子会にも間に合います。

 

【4】ヘアピン

ヘアピンを使って前髪やサイドをとめてまとめてアレンジすると便利です。

前髪やサイドの髪の毛がまとまらないときは、手っ取り早い方法でアレンジするためにヘアピンを活用しましょう。

ダウンスタイルにしている方々が陥りがちな弱点があっても、まとまらない髪の毛をピンで留めるだけできちんとセットできます。

ポーチの中に数本のヘアピンを入れておくだけで安心できるので必須アイテムの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です