低糖質ライフの利点・注意点・糖質制限ダイエットの方法

よく耳にする低糖質はどれだけメリットがあるのでしょか?

興味深いのに知識が乏しい方々が多いです。

そこで、身体によい理由や注意点、オススメの方法を解説します。

 

■低糖質

低糖質がダイエットに効果があると言われています。

その理由を理解するのはとても大切です。

まずは糖質を制限するいわゆる「低糖質」が、ダイエットや健康維持に効果があります。

糖質制限は摂る糖質の量をできるだけ制限するほど、体重がどんどん落ちるというメカニズムです。

糖質、タンパク質、脂質の中でも、食後に血糖値を上昇するのは糖質だけです。

この三大栄養素の働きをご存知の方は多いでしょう。

血糖値が上昇すると、インスリンが分泌して下げようと励みます。

インスリンが分泌されると、糖を脂肪に変える働きがあります。

つまり、血糖値が上昇するほど脂肪がたまりやすく太りやすくなります。

糖質を摂るほど脂肪がたまりやすくなります。

糖質制限するほど脂肪減少しやすく、頑張れば頑張るほど痩身効果を期待できます。

 

タンパク質、脂質の必要性

糖分の摂取を少なくするほど、たんぱく質と脂質を積極的に摂るべきだという意見を耳にしたことがあります。

それって事実なのでしょうか?本当ならばダイエット成功できないのではないでしょうか?

糖質制限は体質改善するためにダイエットではありません。

そのため実践し続けないと即日リバウンドしてしまう恐れがあります。

極端に糖質制限するのは逆効果となるため、糖質摂取量を少しづつ減らす程度でもそこそこの効果を期待できます。

過度な糖質制限ダイエットは体調不良の他にダイエット失敗するリスクが高まります。

たとえば、米を食べるなら、白米を「食べない」という決断ではなくて「茶碗半分」や「玄米や雑穀米」を意識するのがベターです。

また、糖質不足すると、筋肉を分解して糖質を作り出します。

その結果、筋肉量がどんどん落ちていきます。

筋肉が落ちると基礎代謝が落ちて、1日に消費できるカロリー量が減ります。

代償として痩せにくく太りやすい体質になりやすいです。

食糧難のときにはありがたい話であるが、ダイエッターには迷惑極まりない。いったいどうすればよいのか?

糖質制限している時には、タンパク質をきちんと摂取して筋力低下のリスクを拭い去るように意識しましょう。

また、脂質を摂らないと抗酸化物質で脂溶性ビタミンのビタミンA・D・Eなどは体内に吸収できません。

過ぎたるは及ばざるが如しという通り、何事もほどほどがいいのだ。

 

■食費の負担が大きいのが弱点

低糖質を取り入れるに当たって何かオススメの方法はあるのだろうか。困ったこともあるなら始まる前に知りたいところである。

糖質制限で困るのが食費の負担増です。

毎日、タンパク質と脂質で満腹感を得るためには費用がかかりすぎます。

経済の余裕ない人は、『豆腐』がおすすめです。

豆腐の原料は大豆です。

大豆は畑の肉といわれるほど良質なタンパク質や脂質を含んできて、低コストです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です