体温上げる方法を解説!末端冷え性・便秘改善など治る

【1】白湯を飲む

寒いと感じるときは、積極的に温かい飲み物を飲みましょう。

水を沸かしただけの白湯は、朝の寝覚めに飲むと整腸作用がよくなって便秘解消効果を期待できます。

ダイエット効果を期待できる理由は、温かいお湯を飲むと内臓の温度が高まってぜん動運動がよくなるからです。

お湯ならばカロリー摂取しなくて大丈夫ですし、体の血流や老廃物の循環を活性化してくれる効果もあります。

内臓が冷えていると代謝が落ちると同時に体内循環機能が鈍化します。

そのため、白湯を飲んで水分補給しながら老廃物の排出を促進しましょう。

 

【2】ホット豆乳を飲む

寝る前にホットミルクを作って飲むと入眠しやすいです。

個人的に牛乳ではなくて豆乳に替えて飲んでいるほうがポカポカしてきます。

大豆イソフラボンがたっぷり入っていて高タンパク質なので、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

カロリーはありますけど、体調管理を考えると牛乳よりも近頃は豆乳のほうが評判良いです。

 

【3】足湯

末端冷え性の女性の他に、最近は冷え性の男性も増加傾向です。

冷え性の方々は、手足の指先など末端部分が冷えやすいです。

ぜひやってほしいのが「足湯」です。

洗面器に温かいお湯をいれて足を浸すだけです。

とても簡単なのに即効性が高く、しっかり足先を温めることができます。

手の指先も冷えているときは、同じ洗面器に手も入れていると、温かくなって末端冷え性を改善してきます。

 

【4】湯たんぽ

夜にベッドに入っても、体が冷えているとなかなか寝つけないことがあります。

そこで湯たんぽが即効力あります。
そんなときは、昔ながらの湯たんぽがおすすめです。

就寝する前にベッドの中に入れていると、じわじわと布団が温まるので速やかに眠りやすくなります。

 

【5】ウォーキング

血行不良の状態を改善させる方法として、ウォーキングをおススメします。

ウォーキングを生活習慣の一つとして運動することで、しっかりと体の筋肉を使えるので血液循環が良くなります。

冬は寒くて外出したくなくてもウォーキングして血行不良を改善してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です