10歳若返るアンチエイジング効果!ヒートショックプロテイン入浴法

■細胞修復して若返る
入浴することで、停滞した血流を促進・改善して、老廃物を排出します。

また、湯船に入ることで美肌効果に加えて抗酸化力もアップしてくれます。

実年齢よりも若々しくいたい人は、シャワーよりも湯船にしっかりつかることが非常に重要です。

より美活をおし進めるにはヒートショックプロテイン入浴法を実践してほしいです。

たった週二回のヒートショックプロテイン(HSP)でアンチエイジング効果が期待できます。

1ヵ月以内で体温が1度以上も上昇したとのデータ報告もあります。

低血圧で朝が弱い方、低体温を改善できる効き目も望めます。

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、私たちの体の中に備わる優秀なメンテナンスシステムのひとつです。

破壊されたたんぱく質を修復してくれて、修復できない細胞に関しては除去してくれる働きがあります。

コラーゲンや美肌酵素、成長ホルモンなど、大半はタンパク質で構成されています。

つまり、タンパク質が壊れると老化や病気が進行します。

ところが、年齢を重ねるごとにHSPの分泌量はどんどん低下します。

一方で、ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法を行えば、HSPの分泌量を効率よく増加できます。

 

■ヒートショックプロテイン入浴法の詳細

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法は、リラックス効果が得られる半身浴とは全く違います。

ヒートショックプロテイン(HSP)を効果的に分泌するには、40度以上の熱めのお湯に浸かり体温を2度以上あげる必要があります。

42度の湯船なら10分程度です。

41度なら15分、40度なら20分間がだいたいの目安となります。

これほどの高温のお湯に体が慣れてしまうと、逆効果となってしまってヒートショックプロテイン(HSP)の分泌が激減しやすくなります。

そのため、週2回くらいにとどめるのをおススメします。

 

■発汗アップする工夫

より温浴効果と発汗作用を高めるため岩塩や重曹を活用してください。

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法は、どんどん発汗するため、しっかり水分補給してください。

また、より温浴効果と発汗作用を高めるために、ヒマラヤ岩塩やバスボムや重曹などを入れてほしいです。

肌にダメージを与える水道水の塩素を中和してくれます。

重曹を100〜200g程度お風呂に投入するのも悪くないです。

弱アルカリ性の重炭酸ナトリウム泉を家庭で再現できます。
ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法は交感神経を刺激します。

そのため就寝前ですと興奮して入眠しにくくなります。

入浴後にできるだけ1時間以上は自然にほてりを冷ますべきです。

それほどの時間が取れるタイミングで入浴してください。

また、熱いお湯に入るため心臓に負担がかかります。

高血圧など重病患者の人は控えてください。

そこで、週2回のヒートショックプロテイン(HSP)入浴法と半身浴をうまく組み合わせて、バスタイムを楽しみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です