1日20gで必要十分!一握りのナッツで病気リスク激減

健康と美容に気を使う女性たちが、小腹が空いたときに食べるのがナッツです。

ナッツには驚くべき効果があり、健康と美容のために取り入れてほしい食生活のための食材です。

今回はナッツの驚くべき健康効果を紹介します。

 

■ナッツの健康効果

研究結果によると、1日20gのナッツを摂取するだけで十分です。

心筋に血液供給する冠状動脈の血流が悪くなることによって生じる冠動脈疾患(かんどうみゃくしっかん)のリスクを約30%、ガンのリスクは約15%、早死にリスクを約22%低下することが判明しました。

研究では、冠動脈疾患、脳卒中、循環器疾患とガンのデータを解析しました。

その結果、解析した人々は暮らしている地域や性別、その他病気になる原因やリスクは千差万別ですが、ナッツを食べることで病気のリスクを下げる効果があることがわかりました。

ナッツを1日20g食べていると呼吸器のリスク、糖尿病の危険度を減らすこともできるそうです。

栄養学に基づいた研究では、ナッツが心臓に関する病気に関係することはわかっていました。

それ以外の病気についても幅広く関係があるとわかったのです。

 

■ナッツの栄養素

ナッツの何が、それほど健康によいのでしょうか?

ナッツに含まれる栄養素には、中性脂肪やコレステロールをバランスを整える不飽和脂肪酸のほか、食物繊維が多く含まれています。

抗酸化作用に効果があって、健康に良い影響を及ぼしています。

“ナッツ”には、くるみ、ヘーゼルナッツ、ピーナッツなどを含んでいます。

ナッツの種類によって、栄養成分は若干異なりますが、ナッツ全般についてこの健康への好影響があると考えられます。

“一日20g以上のナッツ”ならば、スーパーで販売されている小袋のナッツが約50g程度ですから、手のひらにのせて片手に軽く一杯ほどで必要摂取量になります。

一握りのナッツなら、おやつや間食の代わりに、上手に取り入れられそうです。

スナック菓子チョコレートなどより、ナッツを選ぶようにすれば、ダイエットや美肌にもいいし、病気リスクも減るなら嬉しいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です