新年から春までの金運アップ方法

【1】不動産物件を探すなら2月

引越したい人は方は、2月から引っ越し先の物件探しをスタートするのをおススメします。

4月に進学や異動で新天地に転居する方々が急激に増加するので、住宅の流通量が増える頃なのが分かります。

新築マンションや新築一戸建てでなくて、中古マンションなどの中古住宅の場合、以前の住居者の運気を引き継ぐと思われます。

進学や栄転が理由で新春から空室が出てくる物件には、開運や金運にも良いそうです。

 

【2】春に財布を新調

春に財布を新調することは「張る財布」と呼ばれて、縁起が良いと評判高いです。

立春前、または3月3日の節句までに新しいお財布に切り替えて使い始めるのがよいです。

財布は一番最初にお札を入れた金額をしみこませて、その額面に赤筋しようとする都市伝説があります。

そこで、お財布を伸長する際には、100万円以上を投入すると金運アップするかもしれません。

 

【3】金運上昇の穴場スポット

商売繁盛の神様として知る人ぞ知る金運のパワースポットを巡ってみるのもおススメします。

冬至から節分の間だけ入手できる珍しいなお守り「一陽来復御守」もあります。

この「一陽来復御守」は決まった方向と時刻に貼らなければご利益が得られないそうです。

冬至、大みそか、節分の中で夜12時ちょうどだと決められています。

 

【4】節分の豆まき

節分の豆まきで金運アップできます。

節分とは、「家の邪気を払い、清める儀式」です。

基本として家の掃除をします。

特に鬼門になる北東を徹底的にきれいにしましょう。

その後、窓を開けて換気してから、8粒の豆を8回撒きます。

最後に、豆を升に入れて鬼門に置きます。

「升」に入れるのは金運が「増す」という意味になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です