夜ヨーグルトの効果!美肌ダイエット、安眠と虫歯予防って本当?

ヨーグルトは一般的に「朝食べる」というイメージが強いです。

しかし、本当のところ、夜にヨーグルトを夜に食べるほうがいろいろな効果が期待できます。

ヨーグルトの効果は「ダイエット促進、美肌効果、安眠促進、虫歯予防、強い骨の強化」などを望めます。

ヨーグルトには腸の働きを助けてくれる「乳酸菌」が多く含まれています。

また、ヨーグルトの種類の中には、乳酸菌の他にも良質な菌が含まれています。

市販のヨーグルトによって含まれている成分が違うので、ご自身に合うものを選択してください。

有名なのはブルガリア菌とサーモフィラス菌です。

ブルガリア菌とはラクトバチルス・ブルガリカスのことで、サーモフィラス菌とはストレプトコッカス・サーモフィラスです

R—1乳酸菌は多糖体EPSを作り出し、体内のナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させるため、免疫力が改善されます。

JCM5805株、NS乳酸菌、ラクティス乳酸菌も免疫力を活性化し、インフルエンザ予防や風邪予防に効果があります。

ガセリ菌は人の腸内に多くいる善玉菌の代表として、ダイエット・メタボ対策・ピロリ菌除去・ストレス対策に役立ちます。

また。ガセリ菌は悪玉菌を抑えて腸内環境を整える作用があるし、糖や脂肪の余分な吸収を防ぐとされています。

夜にヨーグルトを食べると、乳酸菌や他のヨーグルト菌が睡眠中に腸の消化活動を促してくれる作用を期待できます。

また、乳酸菌は、口内の細菌類を殺菌してくれるので、虫歯予防や口臭予防の効果を期待できます。

骨は寝ている間に作るられるので、カルシウムやビタミンDを豊富に含んだヨーグルトはとても効果的です。

 

■夜の時間帯に気をつけて!

ヨーグルトは夕食後に召し上がるのが最適です。

寝る直前ですと体重が増えやすいのでダイエットに不向きです。

できるだけ就寝の2時間前にはたべるようにしましょう。

「腸のゴールデンタイムは22時からだと言われています。

余計な摂取カロリーにならないように、無糖タイプのプレーンヨーグルトを食べるほうが効果あります。

夜のヨーグルトは女性にとって効き目があります。

食べる時間を朝よりも夜に変えるだけで、期待以上の効果を望めます。

今まで朝にヨーグルトを食べていた方も、夜ヨーグルトに変えてみて実感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です