チャイルドシート義務違反の免除になる事例を解説

チャイルドシートを使用しなくても違反免除になるケースはありますか?

もちろん、違反にならない例外はあります。

6歳未満の子供を自動車に乗せる場合、基本的にチャイルドシートシートの使用が道路交通法によって義務付けられていて、この法律に反するのは違反です。

基本的に6歳はチャイルドシート又はベビーシートは必要ないし、12歳未満まではジュニアシートを推奨しています。

ただし、緊急性を要すると認められた場合はチャイルドシート使用義務違反は免除されます。

体調不良で病院に向かう場合、

チャイルドシートを設置できない自動車に乗車している場合、

子供が身体にケガや病気などでチャイルドシートを使っていて悪影響を及ぼす場合。

業界が儲けるための悪法とも言われています。

本気で安全対策を考えているなら、バスやタクシーも設置対象になるべきです。

ところが、ルールだし安全対策というのは理解していているけど、あまり真剣に考えてない人が多すぎです。

基本はチャイルドシートを設置するべきですけど、グズって大泣きしてたりする時は助手席で抱っこしている親がいます。

寝たらチャイルドシートへ乗せ直すそうです。

確かに、子どもはぐずってチャイルドシート嫌がることもあるでしょう。

何回付けても外すこともあるし、締め付けを嫌がる子もいます。

しかし、子供にだけでも安全装置つかってほしいです。

親は運転しているなら、子どもを守ってほしいです。

義務だからチャイルドシートするべき!というのも根本的におかしいです。

子供はギャン泣きするのは当たり前だし、締め付け嫌がるのも仕方がないです。

でも子供の命を守るのを最優先するなら、使ってほしいです。

とはいえ、走行中の自動車の窓から子供が顔を出していると本当にビックリします。

「しつけが悪いバカ親!」と思われないように気をつけましょう。

そういう意味でも、チャイルドシートを使うほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です