甘酒の美活効果が凄い!腸管バリア機能とムチン効果がアップ

甘酒は“飲む点滴”と呼ばれるほどの美活に最適です。

多くのモデルや芸能人が甘酒を愛飲しているそうです。

また、甘酒には美容だけではなくて、痩せるためのダイエットや健康促進の効果も期待できます。

寒さが厳しく冷え込む季節には、温かい甘酒を飲んで体温を保ちながら体内を癒しましょう。

そこで、食べられる甘酒レシピを紹介します。

 

■甘酒の効果

甘酒は米麹で作られていて肌質の向上や疲労回復を促す必須ビタミンB群を豊富に含んでいます。

また、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを予防するブドウ糖、リパーゼという脂肪分解する酵素も含有しています。

つまり、甘酒には美肌効果、ダイエット効果、長寿を促す作用があります。

さらに、森永製菓の研究機関によると、甘酒の主原料である酒粕と米麹には「腸管バリア機能」を高める作用があるようです。

 

■腸管バリア機能とムチン

腸管バリア機能とは、小腸で体にとって有害なばい菌、細菌類や毒素を撃退する働きをします。

また、腸管バリア機能には、ムチンによる腸管粘膜層でバリア機能があります。

ムチンは腸では細胞を守って病原菌や毒素に細胞組織が破壊されるのを防いでくれます。

腸管バリア機能が低下すると、加齢やアルコール・糖分の過剰摂取、ストレスや不規則な生活習慣が原因だと思われます。

年末年始の忘年会や新年会、卒業式や入学式などの飲み食いの時期には、腸管バリア機能が低下しやすいので気をつけてください。

 

■酒粕と米麹の同時摂取

酒粕と米麹と同時に摂取すると、ムチン増加による腸管バリア機能の向上を期待できます。

甘酒には免疫力を向上したり、様々な疾患から体を保護してくれる働きがあります。

ノロウイルス、インフルエンザや風邪などが流行している時期には甘酒がおすすめです。

そこで、飲む甘酒に飽きてしまたら、“食べる甘酒レシピ”を紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です