ガン手術のリスク激減!「VR(バーチャルリアリティ)」駆使して成功率UP

バーチャルリアリティを利用した医療画像解析による手術が進化発展しています。

レントゲン⇒データー⇒3D化⇒バーチャルリアリティ

によって、予め患者さんのコピーで学習できるので、術前に手術のイメージトレーニングや練習ができます。

 

■CTスキャンの機会に30秒間入るだけで3Dのデータが作れる!?

この3Dデータを使いVRを駆使します。

その結果、体内に入ったような体験が可能となります。

VRを装着した左右のレンズを覗くと画像が立体的に見えるようになります。

なんとその角度は「360°」です。

手術前に開腹しなくても、患者の体内を立体的に観察できることで手術のリスクを極力少なくできるのは素晴らしいです。

さらに今の時代は、ゴーグル無しで3D体験できる最新機器も登場しています。

3Dメガネは、一般的なメガネの装用と変わらないです。

これをzSpaceメガネといい、装着の煩わしさが少なくなるので手術側の負担を大幅に軽減できます。
画像から取り出せるのも魅力の一つです。

画像配信や画面共有化が可能になることから、遠隔医療や地域医療を積極に支援し合える医療体制を構築できます。

 

■ガン手術のリスクが減る理由はなぜ?

手術で開腹後にレントゲンでの様子と違う場合がたまにあります。

経験が浅い医師は実感がわきやすいため、手術に迷わずに挑むことができます。

医師同士の議論や患者への病状の説明にも活用できる。

バーチャルリアリティは医師の技術アップにも役立ちますから、医学部でトレーニング徹底できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です