おばさんメイクに注意!アラサー女子が時代遅れ勘違いメイク徹底解説

アラサー女子はずっと若々しく周りにみてほしい!という思いが強いです。

しかし、その願望が強すぎるがゆえに、思春期のメイクを継続していて時代遅れメイクのダサいかもしれません。

周囲の人間たちに「おばさん」と確定されないために、時代遅れメイクをしないように意識しましょう。

 

■古いメイクを脱出しよう

今の時代は小学生がメイクに熱中していると聞いたことがあります。

アラサー世代の女性にとっては信じられない方もいるでしょう。

メイクを覚えたばかりの学生時代は、楽しく遊んでいたでしょう。

思い出はいつまでも大切にしたいかもしれませんが、いつまでも青春時代のメイクのやり方を引きずって変えていないという方は本当に痛々しいです。

若かりし頃のメイクは今となっては時代遅れですし似合いません。

「昔のメイクが似合うから!」と、頑固にメイクを変えてこなかい方は少し周りを見てみましょう。

メイクにも流行があります。

廃れたメイクを続けていると、老け顔メイクだと見られる可能性が高いです。

実年齢よりも若々しく思われたいのであれば、時代遅れのメイクを完全に捨て去りましょう。

 

■マットな肌質は時代遅れ

マット肌はもうダメですよ。

マットなベースメイクからツヤ肌メイクに移行しましょう。

パウダリーファンデーションで作る、マットでふんわりとした肌質は流行りました。

柔らかくて、女性らしい印象が強く残っていませんか?

しかし、近頃のメイクはツヤ感が大切です。

マットにこだわるならハーフマットに控えるのが正しいです。

マットな肌質は温和な印象となりますが、一歩間勘違いしていると厚塗りメイクになりやすいです。

“厚化粧おばさん”だんて最低です。

2017年の春夏に流行するのは、今まで以上に進化したツヤ肌です。

アラサー世代の若い時代のにはなかったメイクが流行します。
■古い細眉はダメ

アラサー女子でよく見かけるのが、極端な細眉です。

アラサー世代の青春時代には、細眉が流行りました。

それも、一筆で描いたかのような極細の眉です。

もしかしたら、それはアムラーであってアラフォー世代の流行りだったかもしれません。

いずれにせよ、こういう眉はもはや時代遅れも甚だしいです。

ここ最近は太眉ブームが流行っています。

テレビでも太眉の女優やタレントをよく拝見します。

細眉ブームが復活の兆しもありますが、今の細眉は昔のものとは全く違います。

眉山はほとんど形成しないで、なだらかなアーチ眉が流行っています。

また、細さも鋭敏ではありません。

一筆描きの鋭い細眉は脱退しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です