残業代の勘違い!騙した残業手当で儲かる?

最近の民間企業や行政機関は過剰な労働時間を抑えるために本気の姿勢を示しています。

電通の過労自殺の事件によって残業時間を少なくする流れになっています。

しかし、労働者の健康維持やプライベートの余暇を楽しむために無駄な残業をしない方々もいます。

その一方で、積極的に残業をして残業代を貰えることを目的にして「生活残業」を稼ぎたい人も多いそうです。

残業をやりがたって生活費の糧にする人が増えているのも事実です。

会社側と会社員の間で、残業手当の問題が絶えないです。

会社が社員に残業を指示命令していないのですが、その勤労者が意識して会社に居残って仕事をしているふりをしながら残業代を受け取ることができるのでしょうか?

そこで一つの疑問が残ります。
「社員が残業すれば必ず「残業代」を受け取る権利があるのでしょうか?」

結論から申し上げると、必ずしも残業代を貰えるとは限りません。

会社から許可を得ていないで、自由に居残って残業しているならば残業代は貰えない可能性があります。
会社の労務管理のやり方にも左右されるので言明できません。

長時間労働を抑制する必要がありため、残業を上司の「許可制」にしている法人も増えています。

このような会社では事前に上司に残業申請を提出して、「許可」を受理されて初めて残業が認められるというルールを設定しています。

申請もしないで業務上必要でないのに残業している場合、残業代が支給されてないかもしれません。

企業は従業員に人件費がかさむのを避けたいはずです。

会社の上司は「残業してまでやる仕事なの?」を厳格に確認するようになっています。

一方、定時では絶対に終わらない仕事量を指示して、残業申請したら許可しない上司もいるそうです。

「仕事が終わらないのは能力がないからだ!」と言って、タダ残業させようとする危ない会社も問題でしょう。

仕事が終わらなくても定時になれば、仕事を切り上げて帰宅すればいいと思います。

仕事量が多過ぎれば、8時間でできるはずもなく翌日に持ち越しても仕方ないでしょう。

終わらせなければならないのであれば、本来ならば残業させるより人を雇うべきでしょう。

または、仕事量を見直して、年俸制にするほうが良いかもしれません。

処理能力無い人が勝手に昇給して、時間内にこなす人が給料が少ないのはおかしいです。

今の管理職なんかにそんな判断出来ないんだから、年俸制にする方法も考えられます。

おそらく残業時間が減るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です