老婆顔の予防方法!間違った化粧水の使い方を徹底解説

乾燥する季節になると、保湿ケアが最も大切です。

乾燥対策のためにスキンケアする際、スキンローションでしっかり使い込んであげることでプルプルに潤いを与えてほしいです。

きちんと化粧水を使わないと保水力の効果が薄れてしまってカサカサ肌に陥る可能性もあります。

そのため化粧水テクニックを知らないで簡単に使っているだけでは美肌効果が半額するかもしれません。

そこで、うっかりしていると間違えてしまう化粧水のNG使用方法を解説します。

 

■1:塗り忘れ

化粧水を手で付けてさっさと雑につけてしまい、顔全体につけていない方はもったいないです。

小鼻のワキや鼻の下、おでこの生え際やこめかみ、あご下など、水分補給してあげるのを忘れてしまいやすい部位です。

時間がないとコットンに化粧水を含ませないで手のひらにパパッとつけるだけで、美容液や乳液やクリームで保湿ケアに移りやすいです。

しかし、こんな杜撰なやり方では肌全体に化粧水が浸透しにくくて残念な結果になりやすいです。

スキンケアするのであれば、顔全体にしっかり美肌ケアしてほしいです。

普段使っている化粧水がしっかり肌に浸透して潤いの差がでやすいテクニックを実践しましょう。

 

■2:大量に塗りすぎ

「化粧水の使い方として、ぴちゃぴちゃになるまでつけ込むのが基本という考え方は悪くはないです。

ただし、大量に顔につけたとしても、保湿効果が高まるとは限りません。

また、顔全体が化粧水でひたひたに濡れすぎていると、乳液や美容液など次の段階のスキンケアをやるときにぬりにくく、乾燥するまで時間が必要になります。

スキンローションを使う分量は多ければ良いわけではなくて、適量を顔全体に入れ込むのが重要です。

 

■3:ケチりすぎる

高い保湿力を持っている化粧水であっても、使用する量が少なければ、満足できる効果を実感できるのは難しいです。

少量だけしかコットンに化粧水をつけて顔全体につかっていても、使う量が足りない問題よりもコットンの摩擦で肌細胞を損傷してしまうことがあります。

コットンを使う際は全体がきちんと濡れる程の使用量が最低限の基本です。

手のひらでつける場合は商品にもよりますが、500円玉大ほどの量だけでも少ないくらいです。

化粧水の量が少なすぎると、保湿成分が肌の奥まで浸透しないです。

その結果、それが乾燥肌の原因になりやすいので十分に気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です