トヨタ新型C-HRの特徴!大人気だが改善点は?

トヨタ渾身のコンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」が、発売しました。

価格は251万6400円~。

発売前の予想よりもリーズナブルな値段設定となりました。

最新の衝突回避支援パッケージの前評判が高かっただけに注目度抜群です。

それは「Toyota セーフティセンス P」と言いまして標準装備されています。

人気になるのは確実だと想定していて、一般道路のあちこちで見かける事が多くなりそうです。

しかし、弱点まで言わないにしても何かしら気になる点はあるのでしょうか?

新型C-HRは、トヨタの新世代プラットフォーム・TNGAの第二弾として登場しました。

そのデザインはトランスフォームしそうな大胆な仕様を特徴としています。

また、性能の中でも世界のあらゆる道路に対応できるほど研究開発と実験を繰り返した走行性能を実現しています。

この二点が最大のセールスポイントです。

 

■新型C-HRのグレードと価格

S-T(1.2Lターボ+4WD)=251万6,400円
G-T(1.2Lターボ+4WD)=277万5,600円
S(ハイブリッド+FF)=264万6,000円
G(ハイブリッド+FF)=290万5,200円
新発売の前に開催されたプロトタイプ試乗会の参加者のアンケートを調査してみると、試乗した参加者たちの反応はまずまずだったようです。

重心がやや高いSUVでありながら、TNGA第一弾のプリウスの評価結果を超えました。

実際に走行してみると、今までのトヨタ車のイメージを覆すほどの味わい深い走りを実感できます。

エンジンレスポンスやフットワークの速さには驚きました。

なかでも、ステアフィールが生みだす走りの爽快感は格別です。

カタログ燃費は、1.2Lターボが15.4km/L、ハイブリッドは30.2km/Lと素晴らしい性能度まで仕上げています。
しかし、改善点や死角が無いわけではない。

まず、後方視界がどうしても悪いと感じます。

これはデザインを良くした代償なのかもしれません。

トヨタ側としても認識しているのかわかりませんが、運転に不慣れなドライバーにとってはバックで駐車する際に少しばかり神経を使いそうです。

視界が悪いのはプリウスを乗ったときから感じているドライバーもいます。

安全性が二の次になっているとは思いませんが、改善する必要性がありそうです。

 

■グレード選択が狭い

1.2LターボではFFが選べません。

その一方で、ハイブリッドでは4WDが選べない。

グレードを選択する幅が狭すぎるのが気になります。

スキー・スノーボード、サーファーやキャンプなどアウトドアスポーツ好きにとっては、ハイブリッド&4WDという組み合わせは魅力だったはずです。

ハイブリッドで4WDでないと、ホンダに負けてしまう印象を抱いているトヨタファンもいます。

 

■アイドリングストップの搭載が…

また、1.2Lターボにはアイドリングストップが装備されていません。

日本の道路ではどうしてもストップ&ゴーが増えてしまいます。

運転走行を楽しむためにも何が何でも搭載してほしかった機能です。

最新機種の自動車としてはとても残念です。

 

■デザインへの賛否両論

どのメーカーの車でも思うんだが、もう少し色の選択肢の幅が欲しいです。

似たような色ばっかりのラインナップで魅力が低下しているのも否めないです。

さらに、最近はどのメーカーのSUVが分からないくらい各社のデザインが似てて面白味がない、という意見もあります。
最後に、いずれにせよ、クルマとしての総合的な実力は折り紙付きです。

デザインや機能が好みにあえば、購入しても後悔することはなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です