見た目年齢が若返る秘訣!デコルテラインの二重あごと首のシワ対策

自己流の美容習慣を見直す30歳を過ぎてからは美容方法を注目しましょう。

二重あごと首のシワを効果的に取る方法に着目します。

デコルテラインや下あごの脂肪は年齢が出やすい部位ですから、効き目がある美肌ケアを知らないのはもったいないです。

例えば、ガムを噛むならば、左右の奥歯に向かって同量のガムを入れて噛みましょう。

噛み合わせと整えると力加減がバランス良くなってシャープなフェイスラインになりやすいです。

その逆で噛む癖が右側ばかり使っていると、咀嚼によって右だけ筋肉が鍛えられてエラが張るようみ見えてしまいます。

表情筋にも影響を与えてしまって左右バランスが悪い顔になるかもしれません。

20代からすでに首に横ジワがしっかり何本もある人結構います。

首だけ見たらアラフィフに見えますし、そのような方々は20代から顔のたるみが目立っていると感じます。

背中や首肩のこわばり、頭皮のコリを放置してる人はこうなるのが早いと仕事柄感じます。

 

■あごから首元に年齢が出る!?

鎖骨部分のデコルテまでが顔の範囲だと理解しましょう。

毎日、洗顔する際など肌の調子と皮膚の様子を見ながら意識して保湿ケアをするのはとても効果的です。

実年齢はどうにもなりませんが見た目年齢なら何とかなります。

すっきりしたあごの方が若く見られて当然ですからデコルテラインのケアも忘れないで下さい。

フェイスラインの筋肉を鍛えるのも有効なので、表情豊かにすりのも大切です。

また、無理なダイエットを続けていると、首もとのシワやたるみが目立ってしまって老け顔になる人もいます。

食事制限や偏った栄養補給が原因で、取り返しのつかない肌トラブルや見た目年齢の上昇に悩む人が増えています。

 

■誰でも出来るエイジングケア

今からすぐできる、若返りケアを実践してほしいです。

その答えは。。。

「笑顔」です。

しかも、大げさで意識して大笑いするのが良いでしょう。

シワができるから、と笑わないようにするのは正しい美容方法と言えません。

感情を出して人と付き合いならが笑顔でいることが、若見えの秘訣かもしれません。

■マッサージ

マッサージをすればアゴも首もケアできるのでしょうか?

結論から申し上げると、「イエス」です。

耳の後ろをマッサージしたことがあるでしょうか。

頭部を片側に大きく傾けると筋が見えなくなる部分「胸鎖乳突筋」をマッサージすると顔のむくみ解消につながります。

ただし、体重の増減が激しい人の場合、太っていたときには皮膚が張っていたけれど、痩せたらシワが目立つようになったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です