トイレ掃除の秘密情報!便器も換気扇も便座等もキレイに!

■■短時間の10分掃除でキレイにする方法

最初は、トイレの本体から始めて、上から下、裏側から手前へむけて磨いて拭き掃除します。

次に、床についてもトイレの奥から手前へ除菌しながら拭き掃除することになります。

奥から手前へと雑巾がけするように拭くだけで大丈夫です。

トイレを掃除するときには汚れを落とす他に除菌も忘れないでください。

トイレ掃除専用のシートを使うか、なければトイレットペーパーにアルコールを吹きつけて使ってもいいと思います。

汚れたペーパーは、最後にまとめて流すだけなので簡単です。

トイレットペーパーのホルダーや便座の操作パネルなども拭くだけです。

 

■換気扇

家のほこりが最も集中するのが「換気扇」です。

トレイの換気扇が一日中回っているならば、家中のほこりがトイレに吸い寄せられてどうしてもカバーやフィルターにへばりつきます。

そのため、可能な限り換気扇を分解して掃除してほしいです。

トイレにある換気扇はカバーやフィルターを取り外してください。

台所と違い、油汚れはないので、水洗いだけで容易にきれいになるでしょう。

もちろん、換気扇に触れるときは、電源を切るのを忘れないように注意してください。

 

■効率よく磨く

円を描くように一気に拭き掃除して、フタやふちも忘れないでください。

丈夫で大判なトイレシートなら、便器まわりはもちろん、床まで一度に拭けるので便利です。

男性がいないとあまり汚れないのではと思いがちですが、便座の裏や便器のふちもしっかり拭きましょう。

汚れが軽いトイレのフタ、タンク、便座、便座の裏、便器のふちの順に拭くと、一番効率よく磨けます。

汚れやすいけれど、見落としがちなのが便座裏です。

便器のフチもしっかり除菌しましょう。

厚手で丈夫な凹凸加工のお掃除シートを使って、除菌と消臭効果も大切です。

洗浄便座のノズルも極力分解して、汚れを落としましょう。

便座ノズルの場合、汚れがたまっていたら酸性洗剤でつけ置きして、取り外せないほうのノズルも拭きましょう。

大掃除のときだけではなくて、頻繁に掃除するのが大切です。

直接触れるのが気になる人は、ゴム手袋を用意して挑戦。

 

■スリッパ等の付属品

スリッパやトイレマットなど、トイレまわりの小物も汚れが気になります。

丸洗いできないものは、アルコールで除菌しながらピカピカに磨きましょう。

クロスにアルコールを軽く吹きつけて、スリッパを拭いていきましょう。

すぐに掃除できるように、ビニール素材のスリッパを選択するのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です