子宮ケアが超重要!サボると生理痛・うつ・肥満など体調不良を暴露

10代20代の頃に、子宮のトラブルを質問されても、「よくわからない」、「知識がない」という方々が大半だと思います。

しかし、30代を過ぎてくると、子宮の状態が女性にとって何かしらの影響を与えて、生理不順や肌トラブルの原因になります。

肌荒れや貧血などの体調不良をとおして本当に辛いと実感するでしょう。

そこで「健康で美しい子宮を保ちたい」と、“子宮のエイジングケア”に熱心な方が増加傾向です。

万が一、子宮に問題ないと思いこんでいると危険です。

女性の美容と長寿を考えるならば、早急に子宮ケアをスタートするのをオススメします。

そこで、子宮が弱っていると体調不良になりやすい結果を伝えます。

 

【1】イライラ・落ち込み

子宮機能が低下してしますと精神状態が不安定になりやすいです。

子宮が弱々しい状態になると自律神経やホルモンのバランスが乱れることがあります。

この悪影響を及ぼすことで、イライラしやすく落ち込みやすくなり、気持ちが不安定になることがあります。

子宮のトラブルを放置していると、人によってはうつの症状と同じ状況に苦しみ続けるかもしれません。

早々に子宮を健やかな状態に改善しましょう。

 

【2】暴飲暴食による肥満

子宮の健康状態は自律神経やホルモンバランスにも影響を与えると申し上げました。

つまり、イライラや精神不安定によって暴飲暴食をしてしまい肥満になる人もいます。

また、骨盤周りの筋肉が上手く使えていないと、ぽっこりお腹や下半身太りになってしまうこともあるので注意してください。

 

【3】血流の悪化が生理痛・生理不順に!

子宮の周りにある骨盤が子宮の健康状態に多大な影響を及ぼします。

骨盤の歪みが子宮の健康状態の良し悪しに大きく関係しています。

骨盤が歪む、骨盤の周辺や内側の血流が滞ってしまい、生理痛や生理不順の原因になる可能性があります。

 

【4】尿漏れ

骨盤の歪みによって、尿漏れの原因になる人もいます。

そもそも子宮は筋肉でできています。

姿勢が悪い生活習慣と筋力低下などによって骨盤は歪んでしまいます。

子宮が正常な位置からズレてしまうと、膀胱・尿道の状態に悪い影響を与えてしまいます。

尿を我慢するほどの筋肉が落ち込んで尿をとどめておくことが難しくなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です