復縁したい人の正しいクリスマスの効果的な過ごし方

復縁を狙っていて、クリスマスにどうすれば良いのか思い悩んでいる人が多いです。

クリスマスに誘って良いのか悪いのか、嫌がられないか、色々と考えることが多いです。

正しいというと、ちょっと違うかもしれませんが、普段アドバイスをする時はこんなことをお伝えしていますよ、というのをご紹介できればと思います。

大前提として、クリスマスの過ごし方は、どの段階かによって対応方法が違ってきます。

段階別で解説します。

 

【1】分かれて時間が経っていない

まだ別れてまもなく、距離をおいている段階の場合の指針を解説します。

まず、クリスマスのときはアプローチを控えて年始の挨拶で気合いを入れるほうが賢明です。

クリスマスといえば、ラブラブ恋人同士のお熱いイベントですから、積極的に行動しないほうが警戒されないと思います。

おそらく前年度のクリスマスを一緒に過ごしていたと思います。

その場合、相手に連絡してしまうと無意識で思い出させてしまいます。

逆効果となる可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

別れた直後は多少の時間を置いておくほうが安全かもしれません。

確実に断言できませんが、行き違いなどで別れてしまったパターンが多いので消極戦法が良いです。

 

【2】相手に新恋人いる

相手に恋人がいる場合、クリスマスとすごしている可能性が高いです。

相手が男性女性であっても仕事が遅くまで働いていないなら、新恋人と会っているかもしれません。

いずれにせよ、クリスマスには連絡でも止めとくほうが良いでしょう。

クリスマス当日に会おうとする連絡をしてしまうと、デリカシーが無いと思われる可能性もあります。

 

【3】たまに連絡取り合っている

時々連絡を取り合っている場合、相手から返信がなるなしというパターンがあります。

この場合は、「メリークリスマス♪」という程度の軽めのメッセージにしときましょう。

それも、自作の頑張った感じのものよりも、良いテンプレを発見したから使ってみた、程度のものが良いです。

LINEなら、面白いスタンプを発見したから送ってみた、程度。

相手が特に気にせず、でもメッセージくらいは届いたのでちょっと印象が残る程度。そのくらいのコンタクトにしておきましょう。

 

【4】知人内で友達付き合い、会社の同僚など

復縁したい男性女性が仲間のグループにいる、会社の同僚など対面する機会が多い場合の作戦です。

クリスマスは止めといて、忘年会やホームパーティーなどを企画するほうが賢いと思います。

まずは仲間内でワイワイ楽しむほうが良いです。

前置きなくいきなり2人だけで会うと重たい空気になる場合も多いので気をつけて下さい。

また、皆でワイワイできるチャンスがあるならば、そのほうが最終的に良き方向に進展しやすいのでオススメします。

 

【5】復縁できそうな場合

度々会えるし、連絡も頻繁にとりあっているなら、クリスマスはチャンスかもしれません。

近いうちに復縁を持ちだしてみるつもりなら、クリスマスを告白の場にしても良いと思います。

特別な日なので、相手も意識が高まっているでしょう。

いつもとは違うスペシャルの環境で、雰囲気が良いと告白する価値が高まります。

復縁を告白する成功率が上がるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です