不眠症予防!安眠と快眠の秘訣と睡眠の質が上がるコツ

心配や不安な事が心に残っていて、布団やベッドに入っても寝れないという悩みは現代病になっています。

翌日は早朝に起床しなければいけないと強く思うほど、目がギラギラ冴えてしまって入眠しにくい人もいます。

いわゆる睡眠障害になりやすい特長としてどのような傾向でしょうか?

夜の眠りに大きく影響を与えるのは、ベッドに入る前の過ごす方法が関係しています。

そこで、眠りにつきやすくなる夜の過ごし方を解説します。

 

■暴飲暴食はダメ

食べ過ぎ、飲み過ぎてしまうと睡眠の妨害の原因になるので注意してください。

夕食や夜食は一日の締めとして最も楽しい時間を過ごせると思います。

楽しくても時間をかけてダラダラと食べ続けるのは厳禁です。

お酒をガバガバ飲むのは快眠を妨げてしまいます。

入眠しやすくなるためにお酒を少しばかりたしなむ程度なら問題が少ないのですが、飲み過ぎは逆効果です。

また、脂肪分が多い食材や甘いものを食べすぎると、消化吸収するためにエネルギーを使うと同時に神経をすり減らすため睡眠の質を悪くします。

 

■睡眠前にブルーライト対策

寝る前のテレビやスマホは控え目にしてほしいです。

テレビやスマホのブルーライトには、目や体内リズムに何かしらの影響を与えることが分かっています。

光量を漏らしているスクリーンを見続けていると、睡眠の質に影響を与える「メラトニン」のホルモン分泌量が減ってしまいます。

夜寝る前にテレビやスマホを眺める際には、ブルーライトをカットする専用メガネを使うのをオススメします。

 

■就寝90分前に運動が良い

速やかに眠りにつくには、体をほどよく疲れさせるのが大切なポイントのひとつです。

就寝の90分前に少しキツイ運動をする場合、ストレスホルモンという「コルチゾール」の量が減少傾向になることが研究所で判明しています。

ストレスが少なくなるので、睡眠に入りやすく深い眠りを得られる可能性が高まります。

仕事終わってからオフィスを出てからスポーツクラブやプール等で、積極的に体を動かすのを生活習慣の一部にしてほしいです。

 

■寝室の環境

次に、寝室の環境についてのアドバイスを紹介します!

快眠へと誘うために、寝室を工夫しましょう。

実はとっても簡単! ベッドに入ったらすぐ眠りにつくためのコツとは?

『自然音のBGM』

ヒーリングミュージックは睡眠を手助けするのと同時に、心地よい眠りの時間を持続させるはたらきがあるそうです。

なかなか眠れないときには、雨音や波の音など、自然音をBGMを選択してリラックス効果を実感しましょう。

『寝具にこだわる』

安定感のあるマットレス、ふわふわのブランケットなど、寝具を見直してみるのも重要です。

1日の約3分の1を過ごす寝室や寝具は、快適な睡眠への投資でもあります。

 

■ベット布団の中では…

暖房のスイッチつけたまま眠るより、寝る前には暖房を消して、湯たんぽに切り替えると眠りにつきやすいです。

足先が冷えていると、眠りにつけのが難しいです。

眠りに快適な部屋の温度は18度ですから、ベッドや布団のなかで試してみたいことは何でしょうか?

眠りに最適な体温を保てるように、冬場の湯たんぽが体内の温度調節をしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です