おならの悪臭原因!体内が危険な不健康が決定

おならが、鼻が曲がるほど悪臭でひどいニオイのときはありませんか?

それは、体の中に起きているイエローカードのサインかもしれません。

そんなときは、しっかりニオイの原因を追究して、体調管理するのが大切です。

 

■おならのニオイで腸の健康が分かる

オナラが臭いと腸内環境が悪い状態だと考えて間違いないです。

おならの大半は口から吸収している空気でして、早食いやビールや炭酸飲料を飲んで炭酸ガスを摂取したときにおならが出ます。

また、腸内でガスが発生すれば、おならとなって身体の外に出そうとします。

おならのニオイは腸内環境の状態を示しているので、臭いほど腸内環境の改善がよくないということになります。

では、おならが臭いとき、体内はどんな状態でしょうか?

 

■1:悪玉菌が大繁殖

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していて、両方のバランス調整しだいで腸の健康状態が影響されます。

腸内細菌のバランスを見極める手段の一つとなるのが、おならのニオイになります。

善玉菌よりも悪玉菌が多く発生していると悪臭のガスが腸内で多く発生してしまって、おならのニオイの原因になってしまう可能性があります。

 

■2:過剰ストレス

腸全体は副交感神経がその働きをコントロールしています。

そのためストレスを溜まっていると、リラックスできていない状態です。

このままだと交感神経が優位になっているので、腸の働きも鈍ってしまいます。

そんなときは副交感神経系を優位にするために、深呼吸や気分転換などを自分なりの冷静になれる方法を見つけて実践しましょう。

臭いおならが出る場合は、ストレスが原因で腸が正常な働きをしていない可能性も視野にいれておきましょう。

 

■3:便秘

老廃物の便がつまって排出されないと、腸内に長く留まった状態でいると滞留便となって最終的に宿便は危険です。

こうなると、悪玉菌が恐ろしく増加した状態です。

慢性便秘のときには、確実におならが臭くてポッコリお腹やカエル腹になっていると思われます。

悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなれば便秘になりやすいです。

おならが「クサっ!」と感じたら、腸や体の健康がイマイチであることを自覚しましょう。

腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などを多く含んだ食べ物を多く摂るように心がけ、生活スタイルも見直しましょう。

ところが、便秘解消できていないと、悪玉菌が過剰発生する原因にもなっています。

腸内細菌のバランスが整えば、おならが臭くなるのを予防改善できます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です