お見合い結婚の離婚率が低い理由を徹底検証

お見合い結婚だと言うのが恥ずかしい時期がありましたが、自分の狭い交友関係の人にとって相手を見つけるのも選ぶのは至難の技です。

お見合いに後ろめたい気持ちがある友人はお見合い結婚したけど、友人の紹介だと説明していました。

堂々とお見合い結婚だと言えるような古き良き時代が到来するかもしれません。

一方で、できちゃった結婚、いわゆる「デキ婚」の離婚率は、恐ろしいほど急増しています。

しかし、お見合い結婚して別れたケースあまり知りません。

日本人に合ったシステムかもしれません。

ここで問題にになるのは、

「あまり相手と一緒に生活して大丈夫?」という不安が生じるのも無理はないです。

ですが、お見合い結婚の場合、離婚率が低いことで知られています。

そこで、その理由を検証します。

 

親族間のストレスが最小限

お見合いを進めるのは相手選びの段階から両家の親族が密接に絡んできます。

そのため、親が反対する相手と強引に結婚するということは極めて少ないと思われます。

また、優秀な仲介者がいるならば、その人が両者の相性や世間体などを品定めしてくれる役割を果たしてくれます。

お見合い結婚後、両家の間で親族間のトラブルが少ないのも納得できます。

 

■結婚後にスタートする恋愛も!

結婚してから始まる恋もあるのが「お見合い結婚」です。

結婚条件が大前提になっていて、相手の性格や好みなどの内面が不明確な状態なのだ「お見合い結婚」の特徴です。

そこで、恋愛結婚であれば時間をかけて相手の全体像を見極めた上で「この人と人生を共に過ごしたい」という気持ちが強くなります。

一方で、お見合い結婚となると、「一緒に生活して嫌ではない」という段階から始まります。

最初から相手に求めるものが大きすぎるとお見合い結婚後は離婚しやすいようですし、お見合い結婚さえ成就しないでしょう。

相手に対して大きすぎる期待が少ない分、一緒に暮らしている間にお互いに素晴らしい点を発見していくのが大切です。

「こんな素敵な一面があったんだ」とポイントを積み重ねて、年月を経て相手への愛情が深まる!というお見合い夫婦も多いです。

すべてのお見合い結婚がこのパターンではありません。

お見合い結婚を控えるメリットがあるだろし、離婚するほどの原因がないという結論になるでしょう。

 

■■お見合いは選択肢のひとつ

「どうしても好きな人と結婚したい」という女性や男性は大勢います。

SNSなどのインターネットなどで出会いが多様化している現代社会では、幸せの考え方には個人差があっても当然です。

自分が納得できるならば、生涯愛せる人と生涯を一緒に過ごしたいでしょう。

しかし、結婚を真剣に考えているなら、お見合いを積極的に活用してみる利点は大きいです。

最大のメリットは、結婚相手を選ぶ無駄が最小限で手っ取り早い!ということです。

人生のパートナーを効率的に探せますし、お見合い結婚後に長い時間を費やして愛を育む人生であっても悪くないかもしれません。

できちゃった婚より、お見合い結婚のほうが離婚率が低いのも納得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です