サウナが危険な入浴方法を暴露!疲労回復と美容と健康の逆効果

美容と健康のためにサウナは汗をかけるので人気が高いです。

運動が苦手な人であっても、サウナで気持ちよく汗を出せると、気分がスッキリします。

ただし、サウナの使い方を間違えると逆効果になって体調を悪くしてしまいます。

我慢してサウナに入るのは寿命を縮める恐れもあるし、身体に無理な負担をかけてしまう危険もあります。

サウナは血の巡りをよくしたり、リフレッシュできたり、疲労回復が見込めたりと美容にも嬉しい効果がたくさんあります。

しかし、カラダに思わぬ負担がかかってしまうタイミングもあるのです。

心当たりがある人は、サウナ入浴のタイミングに注意しましょう。

また、正しい入浴方法を知って実践するのが大切です。

そこで、サウナに入るのを避けてほしい、危ないタイミングを紹介しましょう。

 

【1】食後

ご飯を食べて満腹になったときにサウナに入ると内臓に重い負担をかけてしまってとても危険です。

食後に汗をかいてスッキリ気分爽快になりたいと思って、サウナに入る生活習慣の人もいるかもしれません。

しかし、食べ物を消化吸収するには酸素とエネルギーが必要です。

そんなときに高温多湿のサウナに入浴して無理して汗をかいていると血液の流れが滞ってしまい血流障害となります。

その結果、体調不調を招いてしまいやすいので、食後のサウナは絶対に止めておきましょう。

 

【2】二日酔いの後

前日にお酒を飲みすぎて二日酔いがひどい日に、汗をかいてお酒を抜くためにサウナを活用したい方もいます。

しかし、飲酒後にサウナに入浴すると脱水症状になりやすいのでかなり危険です。

脱水症状になると、アルコールが分解されにくい上に、ドロドロした血液になって酸欠気味になります。

その結果、心臓の心肺機能を阻害し、脳細胞や神経や毛細血管にも負担がのしかかってしまい、体調悪化してしまう可能性もあります。

大量に汗をかくことでお酒が抜けてくれるような錯覚に陥るのは間違いです。

アルコールを飲み過ぎて必要以上に水分補給していないと、サウナによって血中アルコール濃度が高まる危険度がリスクもあります。

飲酒後に高温のサウナに入る状態では、身体にも重荷になるため、突発的な病気を誘発する恐れがあります。十分に気をつけましょう。

 

【3】激しい運動の直後に入浴

スポーツクラブなどで激しいエクササイズをした後、サウナに入ってジワジワ発汗するのを楽しみにしている人は多いです。

しかし、ハードに身体を動かした直後に体内から高温にしてしまうと、心臓や血管などに負担がかかります。

激しい運動した後、クールダウンさせることが大切です。

エクササイズ後にサウナに入る場合、直後ではなくて適当に身体を冷ましてから入りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です