背中ニキビの原因と繰り返すニキビの生活習慣を徹底解説

背中ニキビに気付かない人は、後ろ姿を鏡でじっくり見る機会が少ないからですし、ボツボツとできているとテンション下がるのも仕方がないです。

上着を着ていると見えなくなるから目立たないですけど、温泉や水泳などで背中を露出する際に周囲にバレてしまうのが怖がるでしょう。

実は、背中ニキビが目立ちやすい人には生活習慣に原因があるかもしれません。

無意識のうちに背中ニキビが増えてしまう方々の悪い日常生活を解説します。

 

【1】重度のストレスを抱えている

ストレスフルな生活を送っている人は十分に気を付けてください。

ストレスを抱いていると、素肌にも悪い影響を及ぼします。

重いストレスがのしかかる環境で生活していると、ホルモンバランスが乱れやすく背中ニキビを招きやすい原因になります。

体の免疫力や抵抗力も落ちてしまって、アクネ菌などのニキビ菌を増殖しまう恐れもあります。

おでこや鼻周りやあご下などの顔ニキビが出来ていないのに関わらず、背中だけの部位ににきびが出来てしまう…

そんな場合は、継続的にストレスを感じているかもしれません。

ストレスが原因だと言ってしまえば簡単かもしれませんが、自律神経を整えることで体内ホルモンが正常に分泌するでしょう。

意識してストレス解消することで、背中ニキビがかなり改善できる可能性があります。

 

【2】睡眠不足

夜寝るのが深夜で遅くて、朝の起床時間が早いとどうしても睡眠不足になりやすいです。

慢性的な睡眠不足に陥ると背中にもニキビができやすいです。

睡眠時間が短い生活が続くと、過剰に皮脂が分泌しやすくて背中ニキビを誘発する理由になります。

仕事が多忙で睡眠不足になる方々は、背中ニキビができやすい体質になりやすいかもしれません。

満足できる睡眠を確保できるようになるべく生活習慣を見直しましょう。

一方、いつも背中ニキビに悩まされているという方は、睡眠が足りていない可能性があります。早めにベッドに入るよう心がけ、少し睡眠時間を増やしてみるといいかもしれません。

 

【3】ベッドリネンが不潔

ベッドリネンをあまり交換しないのが、背中ニキビの原因の一つです。

顔にニキビができると「枕カバーが原因かも?」と思う人は多いですが、背中ニキビの原因になりがちなのが、ベッドリネン。

シーツやカバーを定期的に洗っていないと、枕カバー同様に汗や皮脂などの汚れが付着しやすくて放置しておけば雑菌の温床になります。

寝ている間は、想像以上に発汗しています。

パジャマを着ていて肌に直接触れないからといって、シーツやカバーを頻繁に洗わないのは危険です。

背中ニキビは、毛穴の詰まりによっても生じます。

背中は自分では洗いにくいパーツなので、普段の習慣が重要です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です