不眠症の4種類って何?睡眠障害の原因を徹底解説

以前よりも圧倒的に患者数が増えた病気の一つが不眠症です。

不眠症は単純に眠ることができないだけでなくて、日常生活を過ごすのが難しくなる事があります。

そこで、不眠症の種類や原因、対処方法についてご紹介したいと思います。

 

不眠症の種類

不眠症とは現代病の一つにも数えられている病気です。

眠ることができない、眠りが浅くて何度も夜中に目が覚めるという病気です。

軽く聞いた感じでは、大した病気ではないのではないかという人もいます。

たしかに、健康な状態であれば、1日2日睡眠不足が続いてしまったとしても、日常生活に支障をきたすほどのものではありません。

ところで、不眠症には4つの種類があるのをご存知ですか?

あまり知られていませんが、不眠症は4つの種類に分類することができます。

また、不眠症に悩む人の多くは、複数の不眠症の症状に悩まされている人が多いです。

【入眠困難】

多くの方々がイメージしている不眠症の症状です。

睡魔に襲われているはずなのに眠くても寝れない!

ベッドに入ってから短時間で寝入ることができない状態が1時間以上も眠ることができません。

入眠しにくい方は悩みを抱えているかもしれません。

【熟眠障害】

よく寝たつもりなのに、何時までも眠くて眠くて仕事や勉強に集中できない、あくびが止まらない!という状態を経験したことあると思います。

睡眠時間が長く確保したつもりなのに、不眠症のように感じませんけど、眠りが浅くて熟睡できていない症状です。

眠っているはずなのにいつまでも眠いので、悩んでしまいがちです。

【早朝覚醒】

目覚まし時計をかけても呼び鈴が鳴り響く数時間前から目が覚めてしまって大変な症状です。

頑張ってまた眠ろうと努力しても眠れないタイプです。

高齢者は寝覚めが悪いのか良いのかわかりませんが、このタイプに近いと思います。
【中途覚醒】

日本人がこのタイプの不眠症に陥りやすい症状です。

布団に入って眠ることができても、睡眠障害が生じます。

例えば、夜中に何度も目が覚めてしまったり、一回でも目が覚めると再び寝ることができない症状です。

睡眠の質が悪くて眠りが浅いので熟睡感が乏しくて疲れやすいです。

 

不眠症の原因

不眠症の原因というのは、個人差があって一概に一つに絞れない場合が多いです。

どれか一つに当てはまることもありますし、複数当てはまることがありますので一つずつ見ていきましょう。

【ストレス】

ストレスが現代社会で一番問題になっているという評判です。

ストレスが過剰に積み重なると、イライラしたり思い悩んで、余計な考え事がうごめいて不眠になることもあります。

その結果、自律神経が乱れやすく、眠れない生活習慣になりやすいです。

眠りやすい体質改善になるためにはストレス軽減するのが重要です。
【スマートフォン】

スマートフォンが原因となる不眠症は深刻で、研究結果で立証されています。

寝る前にスマホでネットサーフィンしたりアプリでチェックするスマホ依存症に近い人はかなり増えています。

スマホの画面からはブルーライトの光線が容赦なく放射していて、それをまともに浴び続けると神経が高ぶって興奮しやすくなります。

また、目の覚醒効果が促進されてしまって睡眠障害に気をつけてください。

まさに現代病の一つだと言えるでしょう。
【飲酒・喫煙】
飲酒・喫煙も不眠症の原因です。

勘違いしている人が多いのが飲酒です。

お酒を飲むのは寝つきを良くするのが目的で寝る前に寝酒として飲む人がいます。

しかし、アルコールやニコチンは、副交感神経を鈍らせて交感神経を活性化します。

その結果、脳が冴え渡って覚醒させてしまって浅い睡眠になりやすいです。
【精神疾患】

ストレスの延長線上が精神障害につながりやすいです。

不眠症が重度になると、うつ病や統合失調症のような精神疾患に陥る人もいるそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です