コーヒーの美白効果やダイエット効果?理由と飲み方

コーヒーが美白に効果的な理由が気になります。

コーヒーには様々な美容効果や健康に役立つ効き目があるという評判を聞いています。

 

【美白効果】

コーヒーに含まれるポリフェノールの「クロロゲン酸」には美白効果が期待できます。

具体的にはメラニンの生成を抑制する作用があります。

クロロゲン酸が、約30%のメラニン生成を抑えてくれて肌トラブルの改善に導いてくれます。

シミの原因となるメラニンの生成や肌再生を促す効果が望めます。

コーヒーを飲めば肌が白くなるという医学上の立証はされていませんが、そばかすやシミを薄くなる可能性があるという程度にしときましょう。

 

【腸内環境を改善】

コーヒーを飲むことで腸内のビフィズス菌を増やす効果が期待できます。

ビフィズス菌を摂取すると、腸内に滞在するのは難しいです。

そこでコーヒーを飲み続けて既に常在しているビフィズス菌を増やす効果を期待できるので、腸内環境を改善してくれるのが嬉しいです。

コーヒーを活用して腸内洗浄ダイエットも流行りました。

お腹の中の腸壁にへばりついた宿便や老廃物をバリバリ剝がしてくれます。

 

【ダイエット効果】

珈琲の成分が痩身効果があるのは有名です。

一時期はコーヒーダイエットが流行りましたけど、コーヒーを摂って体脂肪が落ちるとは限りません。

クロロゲン酸は、脂肪分解酵素で評判高い「リパーゼ」の作用を抑えて、脂肪分解と脂肪吸収を抑える働きがあります。

また、エネルギーを生産する「ミトコンドリア」への脂肪注入を高めてくれて、脂肪をエネルギーに変えて脂肪燃焼しやすくする効果も望めます。

だたし、コーヒーをがぶ飲みすれば痩せるというのは勘違いです。

カフェインとの摂り過ぎは不健康になりやすいのでお勧めできません。

では、適度の摂取量とはいったいどれくらいでしょうか?

 

■コーヒーの飲み方

美肌を手に入れるために、美白や美容効果の期待できるコーヒーの飲み方はどれくらいでしょうか?
【適量は1日2杯以上】

1日にコーヒーを2杯以上飲む人は紫外線によるシミが少ないと言われています。

シミ消し効果が望める目安の摂取量は、1日当たりポリフェノールを1000~1500mgだそうです。

コーヒーだけで摂取するなら約3~5杯ほど飲むのが適当でしょう。
【飲む時間帯:食前の1時間前】

クロロゲン酸は、摂取してから1時間後に血液中に一番多く吸収されているそうです。

日光に当たる1時間前や、食事や運動の1時間前に飲むとさらに効き目がアップします。
【飲む頻度:こまめに飲む】

コーヒーは一気に大量に飲むのではなくてこまめにまんべんなく摂りましょう。

ポリフェノールの持続時間は、体内で3~4時間くらいだけした効果がもちません。

また、ポリフェノールの効果を体内に蓄積することもできません。

そこで、ポリフェノールを簡単に摂りやすいコーヒーを飲むのがオススメです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です