痩せる朝習慣を暴露!脂肪分解と代謝アップする体質改善の秘密

朝に体脂肪が燃えやすく体重が落ちる秘訣を知らないともったいないです。

そこで、毎朝にダイエットが成功しやすい朝習慣を紹介します。

誰でも無理なく実践できて簡単なので続けられるものばかりです。

 

【1】白湯を飲む

朝には水分補給がとても大切です。

寝ている間にコップ1杯の汗をかくといわれています。

朝一からいきなりコーヒーを飲むのではなくて、温かい白湯を飲んでほしいです。

冷えた内臓が温かくなって、腸内のぜん動運動が活発して便秘解消につながります。

また、体が内側から温まってくることで代謝アップして体脂肪が減りやすくなります。

 

【2】和食中心の朝食

朝食で炭水化物を摂ることで睡眠時にしっかりと成長ホルモンが分泌され、脂肪分解や代謝アップして体脂肪がドンドン減少します。

炭水化物の中でも菓子パンやパンケーキなどの小麦粉よりもお米をオススメします。

炭水化物はカロリーや糖質が多くて肥満になるというのは考えすぎます。

実はお米にはビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので糖質の代謝につながります。

適量分のカロリー摂取なら食べる分には太りにくいです。

炭水化物や大豆製品も成長ホルモンの分泌につながるので、米と納豆、味噌汁という朝食は素晴らしいです。

朝食を摂る習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

【3】ベッドの上でストレッチ

朝に目が覚めたら、いきなり起き上がらないないでベッドの上で軽いストレッチ運動を行うのをオススメします。

寝起きのときは体温が下がっていて筋肉が硬直しています。

一日のスタートのときに、ストレッチすることで全身の血行が促進します。

体温が上昇して代謝もアップして、脂肪が燃えやすい状態で1日をスタートすることができます。

背伸びして全身を伸ばしたり、大きな筋肉がある太もものストレッチをして全身の血行の流れを良くします。

仰向けの状態でひざを胸につけるようにして、太ももの裏をゆっくり伸ばすといいです。

寒い朝ならば、目が覚めたら暖房を入れて、部屋が暖まるまでの間はベッドでストレッチしましょう。

足がつったり、ヒートショックを予防できますので、ストレッチはやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です