豆乳バナナの効果が凄い!肌荒れ対策、便秘解消やダイエット効果など

豆腐や納豆などの大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

大豆イソフラボンを摂取するために、豆乳を飲んでいる女性も多いと思われます。

どうせなら豆乳と同時に、バナナも一緒に摂るようにオススメします。

そこで、豆乳バナナの作り方をマスターしましょう。

バナナ1本に豆乳200mlをミキサーに入れて混ぜるだけです。

ハチミツやオリゴ糖、シナモンなどを加えて気分を変えるのも一押しです。

豆乳とバナナを一緒に召し上がるのが素晴らしい美容と健康の効果が期待できる理由を解説します。

 

バナナ&豆乳のダイエット効果

バナナは栄養価が高いので積極的にとってほしいです。

バナナには良質な糖質が豊富で脂質の代謝を促進してくれるビタミンB群が含まれています。

つまり、積極的にバナナを食べると、ダイエット効果を期待できる食べ物だと評判高いです。

しかも食べ応えがあるので、忙しい朝ならば朝食に食べると時短で栄養補給できます。

また、ダイエット実践中の方ならば、バナナに豆乳を組み合わせれてほしいです。

大豆イソフラボンのお陰でダイエット中に起こりがちな肌荒れや貧血なども予防しながら、適度な満腹感を得られるほどお腹が膨れて、ダイエット効果を引き出せます。

夜食も良いのですが、食前にバナナを食べると暴飲暴食を予防できて食事量を減らせるメリットを得られます。

これを夜バナナダイエットと言いますが、ぜひ実践して痩せやすい体質改善になって下さい。

 

便秘予防

豆乳の“大豆サポニン”という成分が便秘解消に効き目あります。

これが便を柔軟にして滞留便や硬い便を排出しやすくなります。

また、豆乳には天然のオリゴ糖が含まれていて、腸の善玉菌のエサとなってバランスを整えてくれます。

豆乳を飲む習慣によって、善玉菌が増え悪玉菌を減らして、腸内環境が改善されます。

バナナには食物繊維が豊富です。バナナと豆乳を同時に摂ると便秘予防や宿便対策には素晴らしい効果を発揮します。

 

PMS予防

女性を悩ます様々な体調不良がPMS(月経前症候群)です。

生理前になると落ち着かない、イライラする、落ち込んだり、お腹が張ったりニキビができたり、個人によって症状に苦しみます。

毎月のお決まり事だから諦めてしまうと、快適な毎日を過ごせません。

こんな時だからこそ豆乳バナナを摂って下さい。

バナナにはセロトニンが含まれています。

セロトニンはトリプトファンという幸せホルモンの材料となります。

また、豆乳には女性ホルモンと同じような働きをしてくれるため肌トラブルを予防改善してくれるでしょう。

したがって、豆乳とバナナの2つの作用によって、心身のバランスがとれて、PMSの症状が軽くなるのを望んでいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です