喫煙が老け顔の原因!スモーカーズフェイスの特徴と改善する方法

喫煙が健康と美容にマイナス要因なのは、一般的に知られています。

タバコ吸う喫煙習慣が、美容や健康に具体的にどれだけの悪影響を与えるのか知らない人もいます。

ニコチンなどを摂取し続けていると実年齢よりも老け顔になりやすい理由が何でしょうか。

この老けた顔は“スモーカーズフェイス(タバコ顔)”と呼ばれていてその特長は何でしょうか?

美人なのに喫煙所でプカプカしている女性をみると本当に残念です。

顔色がゾンビみたいに青白いくなって、歯も黄色くなって惜しいです。

そこで、スモーカーズフェイスについて解説します。

 

喫煙習慣がダメな理由

タバコを吸うことで、ニコチンなどの成分が肌の老化を早めてしまい、老けた顔“スモーカーズ・フェイス”になりやすいです。

たばこの葉を乾燥・加工して、紙巻たばこは作られていて、それらの成分の中には、発がん性物質も多くあります。

タバコを吸えば、肌の細胞を破壊する活性酸素が体内で発生してしまいます。

その結果、体内のビタミンAやビタミンCやビタミンEを大量に消費するので、肌再生に必要な成分が枯渇して老化を早めます。

喫煙習慣が原因で、スモーカーズフェイスになる可能性が高いです。

 

スモーカーズフェイスの特長

スモーカーズフェイスの特徴としては、目尻のちりめんシワや深いほうれい線が増えてしまいます。

頬がげっそり痩せこけたようなイメージを与えてしまいます。

また、顔のむくみやたるみがひどくなるのは、顔の肉が重力に逆らえなくなってフェイスラインが崩れてしまいます。

これは、顔のハリや潤いが激減してしまって、顔全体のコラーゲンを失ってしまうのが原因だと考えられます。

肌のトーンも落ちてしまって肌のくすみやソバカスも増えるので、長い期間もタバコを吸い続ける人は肌質をみればヘビースモーカーなのかを判断できます。

目の下のクマや目元のまぶたがたるみがひどくて、疲れた印象を与えてしまいます。

また、タバコの悪影響はお肌の他に、髪質もダメージを受けます。

髪のハリやコシも失って細毛や枝毛、抜け毛もヒドくなる傾向を否定できません。

 

老け顔改善の方法

健康影響については、肺がんなどのがん・循環器疾患・呼吸器疾患などのリスクが高まって寿命の縮小に繋がります。

また受動喫煙でも、肺がん・冠状動脈疾患のリスクが高まります。

スモーカーズ・フェイスを予防したり改善するために、禁煙が一番効果があります。

また、体が不足している栄養素を食事やサプリメントから、積極的に栄養補給することが大切です。

有機栽培された野菜を濃縮した栄養補給食品のサプリを活用するのをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です