ヨーグルトでアトピー対策とアンチエイジング効果を徹底解説

アトピー対策と免疫力アップ

アレルギー体質の方々はメイクするごとに悩みが増えてしまうかもしれません。

アトピー性皮膚炎に苦しんでいる人は、軽いメイクであってもお肌に余計な負担を与えてしまうのかと不安に感じていているかもしれません。

アトピー対策の一つとして、ヨーグルトを食べることが美肌効果があると評判高いです。

ヨーグルトの効果の中でも、腸内環境改善を助けてくれて美容と健康を支援する効果が評判良いです。

実はアトピーにかかっている人を見てみると、比較的腸の弱い人が多いと言われています。

全身の70%程度の免疫細胞が腸内にあると言われています。

腸内環境を整えると、免疫細胞の働きをよくすることも可能です。

免疫力が活発になると、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑制する効果が得られそうです。

どこでも変えるヨーグルトを日常生活で摂り続けて健やかな体質改善を実現しましょう。

 

抗アレルギーの抗体抑制効果に期待大

ヨーグルトに含まれているメチル化カテキンと呼ばれる成分が話題です。

メチル化カテキンには、抗アレルギー効果があることで有名なので、ヨーグルトを食べることでアトピー症状を抑制する効果が期待できそうです。

アレルギー症状の中でもIgE抗体が大きな原因だと言われています。

つまり、ヨーグルトに含有されているメチル化カテキンがIgE抗体を抑える効き目があるようです。

また、メチル化カテキンは、コレストロールのバランスを整えたり抗酸化作用や抗菌にも役立つとされています。

しかも、アンチエイジング効果もあるので美容業界でも着目されています。

 

腸内環境改善の恩恵

ヨーグルトを食べる習慣をつけることで、善玉菌を増やして腸内環境を正常にする働きがあります。

乳酸菌やビフィズス菌の働きによって善玉菌が増加するのがヨーグルトを食べるメリットでしょう。

腸内には善玉菌と悪玉菌があって、ヨーグルトを食べる食習慣を続けると、善玉菌を増やして腸内環境正常化になりやすいです。

飲むヨーグルトなら日頃から摂りやすいし、健康維持とお肌のエイジングケアに活用するのをオススメします。

また、ヨーグルトを温めて飲むと、冷え性解消や便秘解消や素肌美人になりやすいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です