体内年齢も肌年齢も若返る!キノコのエイジング効果

キノコは大好きですか?

シイタケやエノキや松茸など、様々な種類があります。

たくなる!みるみる若返る理由は…

秋に油断していると、どんどん老けていくのを知っていますか?

夏にたっぷり紫外線を浴びた肌が、秋になれば乾燥ダメージを受けることで一気に老けると聞いたことがあるでしょうか。

冬になれば気温の低下と乾燥によって血行が悪くなって、スキンケアや体内から栄養補給していないと危険です。

春には実年齢以上に老け込んでしまって肌年齢が10歳以上になる可能性もあります。

スキンケアも大切ですけど、絶対にサボっていけないのが体の内側からのケアです。

そこで手軽に入手できるキノコを食べてほしいと提言します。

キノコのアンチエイジング効果を得られる食べ方を紹介したいと思います。

 

■キノコの若返り成分

キノコと言っても様々な種類があるから何を食べればよいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、主なキノコには以下のエイジングケア成分が多く含まれています。

 

【1】ミネラル類

キノコにはカルシウム、マグネシウム、亜鉛など、多くのミネラル類を含まれています。

その中でもカリウムが豊富なので、むくみ解消効果が期待できます。

ミネラルは内分泌や血液などの体液を生成したり、酸性とアルカリ性のバランス調整を円滑にしてくれます。

また、ホルモンバランスを調節もするので女性にとって大切です。

もちろん、男性も重要であって、老若男女にとって体の重要な作用に必要な栄養素です。

 

【2】ビタミンB群

キノコには、美肌作りに欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。

例えば、細胞の再生に関わるビタミンB2はお肌の細胞分裂を促して新陳代謝に役立ちます。

肌荒れ防止に必要なナイアシンは、シミ・シワ・たるみなどの肌トラブルを改善してくれるエイジングケアを期待できます。

他には、やつれて疲れた肌に元気を与えてツルツル感やツヤツヤ感を沸き起こしてくれます。

あまり知られていないことの中には、ビーマン・キャベツやニンジンといったよく食べる野菜よりも、キノコのほうが圧倒的にビタミンB群を沢山含んでいます。

 

【3】食物繊維

糖分や脂肪分の吸収を抑制したり、腸内環境を調整するために、食物繊維は絶対に必要です。

腸を刺激してぜん動運動を活性化してくれる不溶性食物繊維と、便の水分量を増やして健やかなお通じを促してくれる水溶性食物繊維の両方を含んでいます。

脂肪便や宿便を削ぎ落としたり、ダイエットにも効率よく支援くれるので、積極的にキノコを食べましょう。

 

【4】エルゴチオネイン

キノコ等の菌類や一部の細菌のみが合成できる成分で、含硫アミノ酸一種です。

強い抗酸化作用があるため、活性酸素によるDNAの損傷や過酸化脂質の生成を予防が期待されています。

DNAの損傷により、ガンなどの病気を引き起こされるといわれています。

エルゴチオネインの抗酸化作用はL-システインやビタミンCなどの様々な抗酸化成分よりも強力だと評価が高いです。

また抗酸化作用に加え、光による肌の老化を抑制する効果があるといわれています。

しわやたるみを防ぐエラスターゼ作用やシミの原因をつくらないチロシナーゼ作用が期待されています。

肌のハリや弾力を保つために必要なエラスチンを分解するなど、最近では美容の面からも注目されている成分です。

抗酸化力に優れているに加えて、紫外線やブルーライトによる光老化を予防する働きがあると考えられています。

シイタケ、ヒラタケやエリンギなどキノコ類に多く含まれています。

人間はエルゴチオネインを生成することができないので、食物から積極的に摂取する必要があります。

エルゴチオネインを特に多く含む食材に、タモギタケやササクレヒトヨタケです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です