ヒステリーな女性の特徴と男女の違いを徹底解説

よく言われていますが、男性よりも女性のほうがヒステリックになりやすい傾向が強いそうです。

女性は感情的になりやすく激情するようになると危険かもしれません。

愛するがゆえに恋愛でのトラブル、仕事や家族など日常生活でイライラしたりヒステリーに陥りやすいです。

そこで、女性がヒステリーになりやすい理由を検証します。

 

男女のコミュニケーションギャップ

大前提として男性と女性では会話の方向性と目的が違います。

男性の会話は基本的に問題解決がに主力を置いています。

一方、女性は話を聞いてもらい傾向が強いので、アドバイスを求めています。

男性にとっては、女性のお話は愚痴に聞こえているかもしれませんがそれは違います。

基本的に、女性の会話は男性とは異なり、共感や共有することが目的だというのを覚えておきましょう。

もてる男性は、女性が大変だと思っている発言を聞いて「なるほど、わかるよ」「それは大変だったね」「うん」などと相槌を打ちながら対応しています。

つまり、共感が女性への接し方のポイントになります。

女性は聞いてもらっていると感じるだけでストレスもイライラも減少して気分スッキリしやすいです。

 

自己愛すぎる女性

自分が自分を極端に大好きな女性ほどヒステリーを起こしやすいです。

自己愛が強すぎる女性の特徴として、他人が優先されているという強迫観念や疑心暗鬼になって不安になり、自制心をおさえるのが難しいです。

男性にとっては、対応するのが悩むでしょう。

ヒステリーはたいてい女性に使う言葉です。

男性に対してヒステリーとはあまり聞かないです。

興奮してキンキン声になったりして周りが見えなくなっているのでしょう。

 

幼児性や依存心が強い女性

幼児性や依存心が強い女性は度々ヒステリーを起こしやすいです。

これは、幼少期に親からあまり愛されていなかった典型です。

親に認められない、褒めてもらうことが少なくダメ出しが多かったりすると、子どもはトラウマになります。

愛を知らないまま大人になった女性は、恋人や夫、自分の子どもでさえ心開かない重症者もいるそうです。

認められなかったというトラウマが原因だと言われています。

実は、精神的に未熟者が多くて、依存心が強くなりやすいです。

このパターンは恋愛に依存してしまうケースに陥りやすいので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です