痛風の原因・予防と治療方法を徹底解説

痛風の具体的な症状をご存知でしょうか?

実際にどういう病気なのか理解していないという方のために痛風について解説します。

足の親指が痛いということやプリン体を摂取しすぎてはいけないなどは聞いたことがあるかもしれません。

 

痛風の症状

足の親指が痛い!とよく聞きます。

足の親指の付け根が赤く腫れて鈍痛がハ走るとよく聞きます。

名前が物語るように親指に風が吹き付けただけで激痛がほとばしるそうです。

靴や靴下さえ痛くて履けないという最悪な事態になることもしばしば起こります。

病院できちんと治療しないで放置したとしても痛みが消えたり再発したりその繰り返しです。

最後には痛みが慢性化して激痛に耐えきれない日々になります。

親指の関節だけの痛みだったとしても、次第に足首や膝の関節にまで広がっていきます。

このまま放置していると腎臓や肝臓などの内臓にもダメージを与える可能性が高いです。

 

痛風のメカニズム

痛風の原因は体内の尿酸値が異常に上昇するからです。

体内で尿酸が激増すると処理能力が追いつかなくて貯まってしまいます。

蓄積した尿酸が結晶化し体内の関節に付着すると厄介です。

関節から増えすぎた尿酸が削ぎ落とされると白血球が素直に反応して攻撃をしかけます。

その際に激痛となって体内で様々な症状を引き起こします。

 

痛風の原因

痛風の原因はいくつかあります。

尿酸が増える要因はいくつかありますが、その多くは食生活の問題です。

尿酸はプリン体の老廃物の一種なので、プリン体を大量に摂取するのが危険です。

プリン体を多く含む食べ物や飲み物が摂りすぎないのが重要です。

プリン体はどんな飲食物にも含まれています。

全く食べないのは不可能なので、バランスよく摂取することが大事です。

 

【1】偏った食生活

プリン体が多く含まれている魚卵、肉類、レバー、魚の干物などを食べ続けるとプリン体から尿酸が多く生まれてしまいます。

プリン体の多い食事はバランスよく取るのが大事です。

また、アルコールの大量摂取も危険です。

アルコールを分解する時に尿酸も同時に生成されて排泄しきれない時に体内に多くの尿酸が残ってしまいます。

また、アルコールは尿酸の排泄を弱めてしまう特性もあるのです。

プリン体が多く含まれているアルコールの中でもビールが有名です。一方、焼酎、ウイスキーの蒸留酒にプリン体は多く含まれていません。

 

【2】肥満

痛風患者の多くはメタボで肥満です。

肥満ということは多くの飲食物を口にしておりプリン体の摂取も通常より多いため尿酸値が上がってしまうのです。

遺伝

痛風は遺伝するのです。これは研究により痛風に関わる遺伝子があるということは判明しています。

 

痛風の予防方法

通風にならないように予防するのが大切です。どのような予防方法があるでしょうか。

適度な運動

肥満が痛風の原因の一つということもあり適度な運動をすることが大事です。

激しい運動よりもウォーキングやランニング等の有酸素運動が有効です。

無酸素運動は乳酸を体内に作って、尿酸の排泄を妨害するので尿酸値を上げてしまう可能性が高いです。

そのため、健全な食生活を心がけましょう。

プリン体を摂取し過ぎないようにバランスの良い食生活が大切です。

アルコールのとり過ぎにも注意してください。

さらに、水分補給を行うのも大切です。

ストレスを溜め込まないのも重要です。

ホルモンバランスが崩れると腎臓や免疫機能も落ち込んでしまって、尿酸が体内から排泄するのが難しいです。
■痛風の治療方法

痛風になってしまった病院で治療をすることが大切です。

ストレス社会では、医者へ行ってよく効く薬を処方して貰うのが最善です。

生活習慣を改善するのも大切ですけど、まず異常な状態から抜けましょう。

痛風発作の治療として、痛みを発症したら非ステロイド性抗炎症薬を用います。

これは飲み薬で白血球の働きを抑制する効果があります。

尿酸値を減少させる治療として、慢性的に痛風になっている場合は尿酸降下薬を投与します。

また、重度の痛風でない場合は薬物投与はおすすめできません。

食事制限を行って食生活を改善していくのが安全です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です