冷え便秘予防の食べ物2つ!若返るアンチエイジング食品とは

慢性便秘の女性が増えていて、美容と健康が良くないのは誰もがご存知でしょう。
実際に便秘がひどくなると、イライラしたり気分が悪くなるだけでなく、栄養素の消化吸収の効率が低下して肌荒れや様々な健康被害をもたらします。
血液が汚れて内臓への負担が増すので、栄養補給食品を摂取しても効果が薄いです。
抗酸化物質をとってもアンチエイジング効果が低いのは残念です。
とくに、秋から冬になる季節には、低体温が原因による便秘に苦しむ方々が増加傾向です。
そこで、体の内側からポカポカ温める食品を徹底検証して、便秘を予防する対策を解説します。
便秘が老化を加速する理由
(1)栄養素の吸収力が低下
便秘が続いていしまうと、毒素や老廃物が腸内に停滞して、腸内フローラの中でも悪玉菌が善玉菌よりも有利になってしまいます。
食品から摂取できたビタミンミネラルは、腸内細菌によって発酵分解・合成されて体内に吸収されます。
一方で、腸内フローラの状態が悪化しているとビタミンの生成と合成が正しく機能しません。
美肌や腸内のストレス対策に役立つビタミンC、炭水化物や脂肪の代謝に大いに働くビタミンB2、血液浄化や血管の弾力アップするなど抗酸化力も豊富なビタミンエなど、生命維持するために重要です。
(2)ストレスがアップ
便秘状態の人は、便秘でない人に比べて、心身に悪影響を及ぼすストレスが高いことがわかっています。
細胞が酸化すると、ぜん動運動が滞ると同時に代謝が悪くなり冷え性がつらくなります。
また、滑らかにエネルギーを作れないので、うつ状態や疲労の原因にもなります。
特別な理由がないのに関わらず疲れやすい方は、間違いなく便秘がちです。
宿便が溜まっていると明らかに人生を損しています。
腸内洗浄するなど、正しい便秘解消する方法で疲労感を残さないライフスタイルになりましょう。
身体温め&便秘解消に役立つ食材2つ
(1)ミカン
オレンジではありません。
冬に実るミカンは、気のめぐりを改善してくれて、身体を温める食材の一つです。
また、みかんに含まれるポリフェノール「ヘスペリジン」には、血管の血栓を溶かして血流を良好にする効果があります。
このヘスペリジンは、皮や袋、筋に多く含まれているのを覚えておきましょう。
ミカンのそれらを捨てるのはもったいないです。できるだけミカンの全てを丸ごと工夫して食べるようにしましょう。
さらにミカンには、善玉菌の大好物である水溶性食物繊維が豊富に含まれており、善玉菌が元気になるフルーツです。
(2)玉ねぎ
東洋医学において玉ねぎやネギは、冷え対策に役立ちます。
血液をサラサラにしてくれる効果を期待できます。
血流がよくなれば新陳代謝が上がるため、体温が上がります。
また玉ねぎにはオリゴ糖が含まれているので、腸内で善玉菌のエサとなり、腸内フローラの改善に良好です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です