知らないと老化地獄!活性酸素で衰える老ける生活習慣と改善方法の秘密

体内に活性酸素が増殖してサビついてしまうことに気をつけている女性が多いです。

インナービューティという単語が定着しているほど、女性は体調管理に注意しています。

活性酸素が増えすぎると細胞の再生機能を麻痺させて老化や死滅を誘発しますので、老化現象や疲労が蓄積しやすくなります。

実は気が付かいないうちに活性酸素を増殖してしまっているダメな生活習慣を送っている場合があるのでご注意して下さい。

そこで、体の酸化を加速してしまう危険な生活習慣を理解してほしいのでお知らせします。

 

喫煙・タバコ

タバコのニコチンやタールなどの有害物質が慢性疾患や肌荒れの原因になのは明白です。

喫煙は直球で体内を老化させるほどの活性酸素を増えてしまいます。

また、若者ほどタバコの常習性が問題になっていて、若いほど禁煙治療は相当に難しいです。

ガン、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病や汚い肌の悲しい結果になりたい人は誰一人としていないはずです。

一時的なストレス解消のためにタバコを吸うのは、美容やヘルスケアの面でも代償が大きいのを自覚してほしいです。

 

キレイな水を飲まない

空気を吸っているだけでも活性酸素が発生するのをご存知でしょうか?

サビにくい体質を保つためには、体内の循環をスムーズにしてドロドロ血液を回避しながら老廃物を排出しやすい排便習慣が大切です。

酸化しにくい体質改善するためには、キレイなお水をたくさん飲むのを意識して下さい。

一般的に人間が1日に摂取するべき水分量は、約2リットルだといわれています。

けどこれは間違いです。

実際に体内に取り込むできお水は、美肌や健康を考慮するなら毎日3リットル以上が理想だという評判が流布しています。

現代人はコーヒーや紅茶などのカフェイン入り飲料を飲んでいるために利尿作用が強いために、せっかく摂取したお水を排尿しやすいそうです。

また、ジュースや炭酸飲料などの清涼飲料水だと糖分のとり過ぎの恐れがあります。

カロリーと糖分の過剰摂取を予防するために、お茶や麦茶などのノンシュガードリンクを選んだとしても、胃腸に負担を与えてしまいます。

純粋にミネラルウォーターや浄水器のお水を積極的に飲んで、整腸作用を促すようにしましょう。

 

激しい運動と運動量

適度な運動であればストレス解消や睡眠の深さや美容と健康からも一押しです。

しかし、極端に激しい運動をするのはおすすめしません。

筋肉痛や息切れするほどのウエイトトレーニングやエクササイズによって、筋肉量や肺活量が増える一方で想像以上の活性酸素が増殖する可能性が高いです。

個人差があるにしても、運動時間がムダに長過ぎたり、適応能力の範疇を超えて運動の頻度が多すぎるのは逆効果です。

この点では、フルマラソンや寒中水泳など、健康増進や美容効果を狙っているはずなのに、確実に過度なイライラをもたらすスポーツという矛盾があります。

理想的な運動はゼーゼーハーハーと息切れしないほどの負荷と運動量に抑えるのがポイントです。

そこで知名度と効果があるサプリを以下に列挙します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です