生活習慣病ご注意!血糖値の急上昇の予防する工夫

血糖値を急上昇させるのは、健康上よくないことはご存知だと思います。

主な理由として、急激げに上がってしまった血糖値を下げるために大量のインスリンを分泌すると同時に、体内に脂肪を蓄えやすくなるからです。

つまり、内臓脂肪症候群になりやすく、いわゆる肥満やメタボリックシンドロームになる可能性もあります。

さらに、継続して血糖値が高いままだと糖尿病の疾病しやすくなる恐れもあります。

飽食の時代だからこそ、血糖値を正常値までコントロールしなければ様々な生活習慣病の原因になりやすいと考えられます。

そこで、血糖値を急上昇させるのを予防する食材選びのポイントを解説します。

 

白米と雑穀米

コーヒーor野菜ジュース?「血糖値の急上昇を防ぐ」選ぶべき食クイズ

パンが悪いわけではありませんが、ご飯を食べるのが好きな人は何が良いでしょうか?

白米だけを食べるよりは、玄米や雑穀米を混ぜることをおすすめします。

玄米や雑穀には豊富な食物繊維やビタミン・ミネラルが含まれいます。

その中でも押し麦が最もイチオシです。

食感がよくて白米とあまり変わらないので、違和感なく食生活に取り入れやすいです。

食物繊維を摂取すると、炭水化物の分解・消化吸収をゆっくり時間をかけてくれて、食べてた後の血糖値の急上昇を抑えてくれます。

玄米100%が安全だと思い込んでいる人がいますが、そうとも限りません。

血糖値が気になる方は、白米と雑穀を混ぜ合わせてご飯を食べましょう。

 

柔らかい、硬いパン

パンを食べるときに大切なのが、どれだけパンが硬いか否かです。

食パンやクロワッサン、バターロールのような柔らかいパンは、つい噛む回数が少なくなってしまうので、早食いになりやすいのでご注意してください。

一方でフランスパンなどの硬いパンに場合、咀嚼回数を増やして消化吸収率を上げるのが大切です。

ご飯を食べ始めてから20分、30分ほど経過すると、脳が満腹を感じるようになっています。

要すると、食事時間が短い、いわゆる早食いしてしまうと、食事量も増える傾向です。

その結果、食後に血糖値が急上昇しやすくなります。

パン食ならば、できるだけ硬いパンを選択して意識して噛みながら、時間をかけて食べるのをおすすめします。

 

和菓子と洋菓子

できるだけ洋菓子より和菓子のほうがカロリー摂取を抑えられます。

和菓子をイチオシする理由の一つとして、小豆やきな粉などの食物繊維を含む素材を豊富に使っています。

寒天ならば低カロリーですし、脂肪分が少ないのも評判良いです。

糖分を取りすぎるとのはダメですけど、食べる時間帯には注意してください。

空腹時にデザートに限らず唐揚げでもご飯類でも何かを食べるとブドウ糖や脂肪分の吸収が早まって血糖値を上げやすくなります。

空きっ腹のときは高カロリーのメニューを一気に食べないほうが賢明です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です