NGメイク習慣!メイク仕上がり最悪な原因を徹底解説

メイクの仕上がりが中途半端になるとガッカリしますよね。

キレイでないと興ざめするでしょう。

メイク後の表情を眺めると何度も落胆してしまう女性は意外に多いようです。

学生でもOLや就活生の中には、「メイクの技術がないことから悲壮感に悩む人さえもいます。

メイクテクニックがない女子だと思っている人は、もしかしたらメイク環境や道具に原因がある可能性もあります。

そこで、メイクの仕上がりを悪くしてしまうダメな美容習慣について解説します。

 

汚いメイク道具

ファンデをのせるスポンジやパフ、チークやアイシャドウのブラシなどが汚れている人は定期的に洗ってください。

汚れたメイク道具を使っていると、ムラが生じたり、雑菌が肌によって肌荒れ原因になりやすいです。

キレイになるどころか、逆効果になってしまいます。

2日に1回はメイク道を洗って、清潔な状態をキープして使ってほしいです。

 

暗い部屋でメイク

暗い部屋でのメイクしてしまうと、影が顔全体に投影しやすくなります。

さらに、メイクが発色している程度が認識しにくいです。

その結果、ファンデーションが厚塗りになったり、アイシャドウやチークを異常なほど盛ってしますこともありえます。

いざ明るい場所でメイクの仕上がりを確認してみると、「めちゃ濃い!」と周りに驚かれてドン引きされちゃいます。

メイクをするときは、自然光や明るい方向に顔を向けてメイクしましょう。

 

寝間着のままメイク

メイク仕上げてから着替える人、着替え後にメイクする人。

メイクするタイミングを間違えると取り返しのつかない結果になります。

メイクの完成度を高めるするためには、着替えてからメイクするのが重要です。

その理由は、パジャマを着たままではメイクの仕上げてから印象ができないからです。

当日に着る上着のカラーやイメージに最適なメイクをしないと、不釣り合いになってしまいます。

また、パジャマの状態ではテンションも上がらないのでメイクの完成度が悪くなりやすいです。

着替えをしてからメイクするべきです。

 

鏡の位置が低い

メイクする時やメイク直しのとき、鏡を顔より低い位置にするのは上手にメイクが下手になりやすいです。

実は、メイクの仕上がりが悪くなりやすいNG行為になります。

それは、下を向くと顔に影ができてしまうからです。

どうしても影を頑張って隠そうとして、メイクを厚く重ねてしまう女性が多いです。

鏡の位置は、顔より高い位置の斜め上くらいに配置するのをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です