おならが腐った卵の臭いだと大腸が危険かも?

「おなら」は誰もがする生理現象であり、恥ずかしいものとされがちですが、腸内環境改善するために活動しているともいえます。

このおならが「どんな臭い」によって、今の体調を改善する必要があるか否かを判断できます。

そこで、おならの臭いと内臓疾患や病気の関連性について検証します。

 

なぜおならが出るのですか?

おならは、腸内で発生する「ガス」ともいわれます。

おならが発生するのは腸内細菌が働いたのが原因です。

小腸で消化吸収されなかった食べ物が腸内細菌叢によって分解される際に発するガスのうち、腸内吸収しきれなかったものだと考えられています。

おならがでるのは腸管が蠕動しているからです。

一方で、お腹が出なくなるのは手術後に腸管が麻痺して動かなくなった時もその一つです。

体調変化や病気によってもおならのにおいは変化します。

便秘のときおならが臭くなるのも腸内環境に影響されています。

 

腐った卵の臭い

おならの「腐った卵のような臭い」は潰瘍性大腸炎の特徴だと言われています。

潰瘍性大腸炎は大腸の表面に炎症が起き、潰瘍やびらんが多くできてしまう病気です。

硫化水素が多く含まれるので、腐った卵のような臭いのおならとはどんな感じでしょうか?

硫化水素の臭いが原因だとするとどんな食品を食べているのか気になります。

肉類や卵などのたんぱく質を多く摂っていると硫化水素臭が発生しやすいのです。

ただし、どうして潰瘍性大腸炎の患者のおならがこんな臭いになるかは不明です。

慢性便秘症や大腸経室症などの場合にも同様な臭いが出やすいです。

 

何科で検査を受ける?

宿便が溜まっていたり食べ物にもきをつけているのに関わらず、悪臭便やオナラが臭いならば、消化器科系内科の診察を早めに受けるのをオススメします。

体重が落ちたり下痢が続いたり、血液の混じった便が出たり、発熱に苦しむ場合には、できるだけ早めに下部内視鏡の検査を受けることが最も正確に病気を診断する方法であると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です